海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

お節料理

大晦日に次女が帰省した折、「お節を持ってきたよ。」とリボンのかかった小さな箱を手渡された。
こんな小さな箱に、何のお節料理が入っているのだろう。
金箔をまぶした数の子が数切れ?
開けた途端に、「うわ~、可愛い~!」と興奮しまくりの私を見て、次女は笑って
「きっと喜ぶと思ったんだ。」
小さな手の平サイズの、3段重に、縮緬で作ったお料理が詰められている。

c0167785_22204177.jpg


c0167785_22213380.jpg


c0167785_22221927.jpg


c0167785_22231483.jpg


c0167785_22235344.jpg

そう言えば、娘たちがまだ小学生の頃に、名古屋のデパートの地下に、ドールハウスのお店があって、
名古屋へ出かけると、そのお店のショーウインドウを覗くのが楽しみだった。
どれも、とても精巧に出来ていて、高かったから、いつも見てるだけ~だった。
でもある時、清水の舞台から飛び降りる決心で、小さなお重のお節を買った。
樹脂粘土で作られていたと思う。
小さな物が大好きな母のために。
あの時、母は大喜びをしたっけ。
「やっぱり、お祖母ちゃんの娘ね。お祖母ちゃんと同じように喜んでくれて。」と次女が言った。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-01-11 22:32 | つれづれ | Comments(2)

干支のお猿さん

新しい年を迎えて、もう今日は10日です。
今更、新年のご挨拶は恥ずかしいのですが・・・・・今年もよろしくお願いします。<(_ _)>

大晦日に、東京から次女が帰省して、長女の家で忘年会をしました。
元日は、長女一家が我が家に来て、お正月を祝いました。
そして、今年は4日から仕事始めとのことで、次女が帰りました。
慌ただしさからか、油断をしたのか、私は風邪引きでグタグタしていました。
やっと咳が少し治まって、もとに戻りつつです。

でも、今年初めての針仕事が、完成しました。
お友達に頂いた、干支のお猿さんです。
今年は、着物地を使って、お細工物や、ミニ着物を作りたいと思っているので、良いスタートです。

c0167785_19295466.jpg

c0167785_19303937.jpg
c0167785_1931593.jpg

さっそく、玄関のノッチに飾りました。
詳しい説明書付きの至れり尽くせりのキットでした。
私の腕では、顔をつけるのが、難しかったけど、出来上がったら、可愛い~!です。
今年1年、我が家を見守って下さい。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-01-10 19:34 | 手芸 | Comments(2)

買い物ツアー

今年は28日の、出荷取扱の最終日で、我が家の出荷も済んだ。
考えてみたら、結婚して40数年、いつも年末と年明けに出荷がまたいでいた。
だから、年末もお正月も、いつも忙しかった。
お正月需要に合わせてだから、仕方のないことだけど。
出荷が残っていたら、ドタキャンも覚悟で、「お買いものツアー」に申し込んでいた。
知多半島の明太パークや、セントレア空港、えびせんべいや、つくだ煮工場、魚市場をめぐるバスツアーだ。
今年は、生協のお正月用の食品も、この為に、あまり注文しなかった。
海を隔てて、すぐそこにあるのに、なかなか知多半島へは出かけることはない。
激安のツアーで、「バスたび」の会員登録をしてネットで申し込んだ。
明太パークでは、明太子がいっぱい入ったおにぎりを、夫と半分こして食べた。
セントレア(中部国際空港)で、自由昼食だったけど、おにぎりでお腹が出来ていて、結局はラーメンをすすった。
夫は空港の中のお店には、興味が無いので、スカイデッキで、飛行機の離発着を見たり、中に入ったら、何かのイベントで、人がざわざわしていた。
来年の伊勢志摩サミットに向けての、航空警察のイベントだった。
夫は、それを見ていると言うので、私は一人で、買い物に。
それから、つくだ煮工場や、えびせんべい工場と、試食や、甘酒のサービスもあって、おなかもいっぱい。
魚市場では、年末で買い物客がいっぱいで、何が買いたいのかも分からなくなってくる。
今年は蟹は高いそうだ。
昨年は、ネットでタラバを取り寄せたけど・・・・・蟹がなくても新年は来るからと、やめた。
魚市場は期待したほどのことはなかった。
それでも、孫ちゃん達が好きな、金目の干物を買った。
バスの後ろの席の人達が、「自分で来たら、高速代だけでもツアー料金よりかかるよね。」と話している。
「疲れたら、居眠りしていても良いし、回りたいところを要領よく連れて行ってくれるから、いいよね。」と私も夫に言う。
c0167785_22321228.jpg

おまけに、小さなお土産もついている。
今年は、思いつきの勢いで、加太温泉にも行ったし、年末もこうして出かけた。
「バスたび」で、仕事が暇なときは、ネットで検索して、来年はもっと老年をエンジョイしよう~!
[PR]
# by kikutukuri | 2015-12-28 21:50 | つれづれ | Comments(0)

便利品

生協のカタログを見ていると、生活に便利な小さな台所道具が目につく。
缶や、ビンの蓋を力を入れなくても開ける道具。
プルトップが簡単に持ち上げられるもの。
野菜の皮を剥く道具。
値段も対して高くないので、つい注文してしまう。
ホームセンターへ出かけても、どこに何があるやらで、見つけられないし、カタログなら説明を見て、次の生協の配達日までに決めればよいのだから。
アボガドの皮向きを買ったことを、忘れていた。
一年に、何回アボガドを食べるのだろう。
引き出しを、片付けながら、結構無駄な買い物もしているなと反省。
でも、もっと歳をとって、指先に力が入らなくなって、目も説明書を読むには面倒になったらと思うと、今のうちに慣れて、使いこなせるようにしておこうと、買ってしまうのだ。
c0167785_21365496.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2015-12-13 21:37 | 老いと道連れ(終活) | Comments(2)

水汲み

今年最後の水汲みに行く。
今まで12月に行ったことはなかった。
山道の路面が凍結していると、怖いので、11月に行っていた。
今年は暖冬でなので、大丈夫だろうと言うことで。
水汲みに行くようになって、10年以上になる。
飲み水は、水道水は飲めないと、夫は言う。
沸かしてしまえば、カルキ臭さも抜けるし、どうってことないと思うけど。
でも、湯冷ましを飲むと、水の美味しさがよくわかる。
行くたびに、山が深くなってきたなと感じる。
木が伸びて、せり出しているようだ。
今は、国産の木材などは高くて使わないから、山を管理する人も少なってしまったのだろう。
このままで、どうなっていくのかなと心配になる。
水は、並ぶことなく、来年の春までの分を汲むことが出来た。
c0167785_21195136.jpg

写真は途中の景色を車から。
帰りは、道の駅や、JAの直売所、お菓子のアウトレットとお決まりの買い物。
一時、野菜が高かったけど、今はとても安い。
ミカンも、柚子も、柿も、今年は生り年だそうだ。
二人暮らしで、どれだけ消費すると言うほど、色々買い込んだ。
お財布には優しい値段だったから。
[PR]
# by kikutukuri | 2015-12-07 21:08 | つれづれ | Comments(0)