海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

オクラとろろ

最近の我が家の朝食のブームは、オクラとろろです。
オクラをさっとゆでて、みじん切りにしたものに、おろしがねで長芋をすって、めんつゆで味付けするだけの簡単なものです。
これを炊き立てのご飯にかけて・・・(*^_^*)
納豆や卵かけごはんも良いけど、このオクラとろろもさっぱりしていて、食が進みます。
このめんつゆが最高なのです。
親類で貰ったものですが、本職のお蕎麦屋さんからのものなのです。
東京でお蕎麦屋さんをしている兄弟から、毎年送られてくるそうです。
そのおすそわけを頂きました。
めんつゆで使うだけでは勿体ないので、煮ものや汁物にも使っています。
c0167785_23154922.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-09-10 23:15 | 料理 | Comments(2)

ゴーヤのキムチ炒め

ゴーヤが沢山なっている。
昨年は薄く切って干し、ゴーや茶を作ったが、あまり飲まなかったので、今年はやめた。
ゴーヤの佃煮も沢山作って、冷凍した。
ゴーヤ黒糖のお菓子も、私は好きだけど、お友達や娘にあげたら、あまり評判が良くない。
娘は古いレーズンを食べているようだと言った。(-_-メ)
c0167785_23442142.jpg

お浸しにしたり、ツナ缶で和えたり、ゴーやチャンプルーにしたりと、ほぼ毎日のように食べている。
他に何か美味しい食べ方が無いかな~とネットの中を探していた。
「ゴーヤのキムチ炒め」を見つけた。
レシピはかまぼこを使っていたが、私は薄切りの豚肉を使った。
ゴーヤを薄く切って、さっと熱湯に通して、軽く水気を切っておく。
豚肉を炒めてから、ゴーやを入れ、市販のキムチの漬けものを入れて炒めるだけのお手軽さ。
味は好みで。少し塩コショウをしても。
豚肉をイカにしても美味しいかも。
[PR]
# by kikutukuri | 2008-09-08 23:56 | 料理 | Comments(2)

図書館へ本を返しに行かなくてはと気になっていた。
そして昨日、図書館へ通うバックをさげて図書館へ行った。
借りていた本は8冊・・・・そして返却日はとうに過ぎていた。
自分でもこんな本を借りたのだ~と借りた記憶すら無くなっていた。008.gif
何だかここ数週間心ここにあらずで暮らしていたようだ。
読んでない本なので、そのまま延長にして貸し出して貰うことも出来るけど、返却して、新しく借り換えることにした。
本棚の前に座り込んで、好きな作家の本を選んでいたら、すぐ前の長いすに座っていたおじさんが、「奥さん、本が好きらしいね。」と声をかけてきた。
「活字中毒のところがあるのですよ。本は現実逃避出来るから。」と答えながら・・・・・・。
あれっ、ここのところ、本の中に逃避することすらしてなかったと気がついた。
子供の頃から、私は何か嫌なことがあると本の中に逃げ込むことが多かった。
始めは気のりしない本でも、読み進んでいくと夢中になって、本を読み終わった頃には、自分が何が嫌だったのかも忘れてしまっている。
人と話をしたくない時も、本は重宝なのだ。
ひたすら夢中で読んでいたら、話しかけられなくて済む。
学生の時から、今でも出掛ける時は必ずバックに1冊の本を入れて行く。
でも母が倒れてから、押し寄せてきた様々な考えなくてはいけないことは、本と言う砦に逃げ込むことすら忘れていた。
本の中に逃げ込める悩みなんて、取るに足りない悩みなのだと、今更ながらに気が付いた。
本を読みたいと思えるようになったのは、少し気持に余裕が出来たのかな。

ネットのお友達が日刊に書いていた佐野洋子さんの本を一日で読んだ。
佐野洋子さんとお友達が重なって可笑しかった。
c0167785_22234748.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-09-04 22:25 | Comments(0)

ひゃ~!?

夢を見ていた。
娘たちが幼いころの夢だった。
次女は舌足らずの歌を歌いだした。
「ハロー、ハロー、ハロー、ハロー、ハロー、ハロー、ハウ ア ユー」♪♪♪
「ん?」と思って目が覚めた。午前3時過ぎだった。
次女の歌ではない・・・・・カンガルーのお人形が歌っている。
これはずっと以前に、長女がプレゼントしてくれたものだ。
カンガルーのお腹の携帯電話を入れておくと、電話やメールの着信に対応して、お人形が歌いだすのだ。
もうすっかり忘れていて、携帯電話も入れてはいなかった。
電池の交換もしていないほどなのに。
それなのに・・・・なぜ???
私は霊感など、そんなに強い方ではないと思う。
私にとっては分からない世界なので、霊と言うものも否定も肯定もしない。
でも母方の祖母が亡くなる前夜、当時高校生だった私は、筆箱の鉛筆がすべて折れていたことが不思議だった。
親戚の人が亡くなった夜も、変えたばかりの電球がすぐに切れた。
人一倍気が小さくて、怖がりの癖に、「どうして?」の答えが納得するまで探してしまうところもある。
友達に言わせると、それは怖がりではなくて、覚めているそうなのだけど。
何かの知らせなのかな?
母の具合が急変したとか?
でもそれなら電話がかかってくるだろう。
そう思って、寝た。
朝方、また、お人形が歌い出した。
スイッチも簡単に入るようになっていないのに。
背中のファスナーを開けないとスイッチは触れないのだ。
何年も歌ったことがなかったのに。
夫は雷に反応したのではと言う。
え~、そんな雷なんか鳴っていなかったよ~!
「可愛い顔して、脅かさないでよ!」・・・・・カンガルー君はすましている。
c0167785_13332599.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-09-03 13:33 | Comments(2)

暑い~!

今日から9月です。
でもまだ秋の気配はしません。
今日はまた暑くなって、ここ一週間ほど必要なかったエアコンを入れました。
でも夜はさすがに虫の音がしています。

母は先週退院して、また今日から検査入院したそうです。
治らないものなら、苦痛を与えること無く、穏やかに余生を過ごさせてあげたいと思うのは無理なことなのでしょうか。
c0167785_2374259.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-09-01 23:07 | Comments(0)