海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年・・・・昨日から引き続いた今日なのに、それは毎日のことなのに、
それでも新年とい言う言葉に、新しい期待感や、ワクワクした気持ちになりますね。
私は、
c0167785_1329547.jpg
今年は元日そうそう波乱の幕開けでした。
素晴らしく良いことが起こることを期待しないけど、
ただ毎日が淡々と過ぎていくことを願うのは歳をとった証拠でしょうか。
すっかり守りの体制に入っているみたいです。
でも、この淡々と過ぎていくことが、どんなに大変なことかも分かっています。

元日に漁港の大漁旗を撮りにいきたかったのですが、
訳あって、2日になってしまいました。
元日の方がもっと沢山の大漁旗があっただろうと思います。
[PR]
# by kikutukuri | 2009-01-02 13:15 | つれづれ | Comments(8)

戻ってきました

余りに色々なことがあって、ネットに接続しても、メールを確認するだけで、あとはメールのショップなどをあてもなく徘徊しているばかりでした。
仕事の忙しさが救いでした。
母の容体も二転三転して、お正月も病院で迎えます。
でも辛いことも、忙しさに紛れることも、生きているからこそのことですよね。
受け容れ難きも受け容れて、生きていくことを今更ながらに感じます。
今年の漢字は「変」でしたね。
私にとっての、今年の漢字は「辛」でした。
もし神様がいるのなら、あまりにも一時に試練をお与えになったものだと・・・・・。
中島みゆきさんの「時代」の歌が、頭の中にいつもあります。
「喜び悲しみ繰り返し~・・・・」
もう溜息はつかないことにします。

写真は、さーこさんのレシピのエコバックです。
年末になってから大量生産しました。
ちょっとしたお礼に、重宝しています。
c0167785_2034434.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-12-28 20:35 | つれづれ | Comments(12)

どうして・・・・・

従姉妹の突然の訃報を聞いて、浜松へ出掛けました。
お葬儀は都合がつかず出られないので、お別れをしてきました。
帰って来たその夜、今度はお友達の訃報でした。
お葬式は2日後だったので、用事も済み、お葬式に出かけてきました。
従姉妹も、お友達も、本当に突然のことだったようです。
「こんなことで会うなんて・・・。」と言いながら、高校時代のお友達4人と出掛けました。
埼玉から駆け付けてくれたお友達とは30年ぶりの再開でした。
みんな、顔を見れば、それなりに年を重ねて老いもあります。
でも つい、高校時代のニックネームで呼び合ったりしています。
葬儀の時の、ご主人の挨拶や、彼女の実家のお母様に涙が止まりませんでした。
でも、私の頭は空回りしているようです。
現実として受け止めようとしているのに、悲しみが実感として湧かないのです。
棺の中で眠っているようだったお友達の頬は氷のように冷たかったのです。
もう、一緒に笑ったり、おしゃべりしたり、けんかすることも出来ないのに。
考えてみたら、亡くなったお友達と、もう一人のお友達と、いつも青春を共有していました。
お互いに一番輝いていた時代を、一緒に過ごしていました。
どうして、今も涙が出ないのでしょうか?
従姉妹の死も、お友達の死も、私が受け入れていないからでしょうか?
何だか、とても冷静に、今日も過ごしました。
「あなたって、いつも覚めているからね。」とお友達の笑っている声が聞こえてきそうです。
[PR]
# by kikutukuri | 2008-11-27 00:04 | つれづれ | Comments(4)

夢のタペストリー

先月から、ニードルハウス夢永さんの「小物友の会」に入会しました。
以前からパッチワークの雑誌で見ていて、入会しようかと迷っていたのですが、思い切って電話してみました。
送られてきたキットを見て、「出来るかな~?」と心配でしたが、何とか出来上がりました。
出来上がり写真と型紙を睨めっこして、ちょっと大変でしたが、出来上がりは大満足です。
c0167785_2133353.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-11-23 21:33 | つれづれ | Comments(11)

着物のタぺ

キットが沢山貯まっています。
布合わせもしてあって、型紙や作り方も入っているから、取りかかれば出来るのですが・・・。
いつも季節に乗り遅れているので、お正月を意識して、「着物のタぺ」を作りました。
晴れ着が9枚です。
綺麗な木綿やポリエステルの縮緬で、柄の出方も気にしながら縫いました。
この着物は長女に似合いそう、黒い振袖は次女に似合いそうなんて、楽しんで作りました。
でも、私は和裁は出来ません。(笑)
この型紙を利用して、今度は正絹の縮緬で作ってみたいな。
c0167785_22351076.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2008-10-22 22:35 | つれづれ | Comments(8)