海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

マニキュア

私は、若いころから、マニキュアはあまりしなかった。
ここ数年前から、ネイルアートとか、付け爪などで、派手に爪を飾る若い人が多い。
あんなにしたら、何も出来ないでしょうと、余計な心配をする。
それに爪に良いのかな~と思っていた。
TVの健康番組で、爪を保護するために、マニキュアは良いと言っていた。
爪の先が少し折れることがあって、何かするとひっかかり、気になっていた。
100均で、薄いピンクのマニキュアとコーティング、除光液を買った。
しめて、324円なり。
爪に、恐る恐る塗る。
昔のマニキュアは、乾くのに時間がかかったのに、今のは即乾だ。

何だか手が綺麗に見える。
たったこれだけのことなのに、気持ちが華やぐ。
私って、安い人だな。
c0167785_16113264.jpg

[PR]
# by kikutukuri | 2016-03-26 15:57 | つれづれ | Comments(0)

みんな同じ?

夜中に、こむら返りが起こるのが怖くて、寝返りを打とうとして目が覚める。
でも、そんな話を、友達にしたら、「私もそうだよ。」と言われた。
買い物で、スーパーで会った同世代の知人も・・・・・。
「久しぶり~!元気?」の後で、お互いに、体のあちこち痛いの話になる。
そして、別れ際は、「いつまでも元気溌剌ではいれないから、のんびりゆっくりだね。」と笑う。
団塊の世代の特徴かな~・・・「赤信号みんなで渡れば怖くない。」と言うコントが、昔流行ったっけ。
自分だけが老いていくのではないと、何か慰めになる。(笑)

ウオーキングは、ドクターから止められている。
無理して歩いて、膝に負担をかけない方がいいからと。
でも、何か体操しなくてはと焦りもある。
朝のTV体操も、出荷があると、早くからハウスへ仕事に行くので出来ない。
生協で、こんな物を買った。
c0167785_15505371.jpg

ブタさんの鼻を押すと、おしゃべりをする。
いくつかのおしゃべりの後で、「ラジオ体操第一」が始まる。
これなら、自分のやりたい時に出来るから良いかな。
後は、ストレッチとダンベル。
思いついた時に、適当にでも、体を動かすから、やらないよりはマシでしょう。


c0167785_1556486.png

[PR]
# by kikutukuri | 2016-03-25 15:37 | つれづれ | Comments(0)

パソコンのご機嫌

ブログを更新しようと、写真を撮ったのに、パソコンに取り込めない。
いつもなら、デジカメをパソコンにつなぐと、取り込みの画面が出てくるのに、いくら待っていても出てこない。
パソコンが勝手にやったアップデートで、何だか使い勝手が悪くなっている。
それとも、そろそろ寿命なのかな~。
最近、スイッチを入れてから、立ち上がりが遅くなった。

セキュリティソフトは、期限前に入れると、お得だと噴出してくる。
そう言えば、ハガキも来ていた。
5月に切れるので、まだ期間はあるのだけど。
このパソコンが、あとどれくらい、元気で使えるのか分からない。
新しいパソコンを買って、このパソコンと一緒にソフトを入れれば良いのかもしれないけど。
確か、3台まで使えるらしい。
パソコンを替える度に、プリンターや、カメラも使っていたものは、受け付けてくれなくて、新しくした。
お金がかかるなぁと、ため息だ。
でも、以前と思うと、本当に便利になっている。
アップデートも勝手にやってくれるし、以前は、インターネット一時ファイルの削除なんてものも、自分でやっていたっけ。
パソコンがダメになっても、IPADがあるけど、やっぱりパソコンはパソコンの良さがある。
パソコンから離れたら、固くなる一方の頭では、二度と使えなくなるだろう。
もう一回は、買い換えるつもりだけど。それは・・・いつ???
c0167785_2375896.jpg

車の中から撮った写真。
菜の花街道の、菜の花もそろそろ終わりになっています。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-03-15 23:09 | つれづれ | Comments(0)

痛い~

先日、出荷の終わったハウスの片付けをしていたときのこと。
ふくらはぎのこむらがえりは、夜中に時々経験していたけど、脛が猛烈な痛みで動けなくなった。
菊のネットの杭を片付けていたので、外でそのまましゃがみこんで、動けなくなった。
こむらがえりは、時間が経てば治まるので、呻きながら、治まるのを、ひたすら待った。
ところが、いつまで待っても治まらない。
寒い日だったけど、体は汗ばんで、ほんの少しも動けない。
夫が様子を見に来たが、誰にどうしてもらうと言うことも出来ないので。
じっと時間が経って、痛みが遠のくのを待つばかり。
c0167785_1623824.png


翌日、整形外科へ行った。
自分で運転出来る距離(30分位)なので、一人で行った。
そして、両足の親指の爪も、赤黒く変色しているので、まず皮膚科へ。
メラノーマって言われたら、どうしよう。ドキドキしていた。
ところが、皮膚科は休診だった。
診察券が3年ほど前のものだったので、診察日に変更があったみたいだった。
仕方がないので、整形外科へ。
いつ行っても満員で、リハビリと称して、電気マッサージをするように言われるのかなと、少々憂鬱だった。
まず、レントゲンを撮った。
膝の骨の状態は5年前と変わっていないそうだ。
こむら返りでなく、脛が猛烈に痛かったと告げると、これもこむら返りなのだそうだ。
脛の横の筋肉が攣れて痛いのだと。
原因は、シンスプリント。
偏平足で、老化による筋力の低下。
「前にインソールを作ったと思うけど、使っていますか?」と聞かれる。
あれはもう、ボロボロになったので、土踏まずを持ち上げる、スポーツ用の靴下をはいています。
爪先立ちをしたりして、土踏まずを作ろうと努力をしているけど。」
裸足になったついでに、「実は親指の爪が変色しているので、メラノーマじゃないかと、皮膚科へも掛かるつもりです。」と答えた。
ドクターは、指を一目見て、「これは内出血して変色しているんだよ。靴があっていないのではないかな。」
靴は以前、自分の足のサイズよりは0.5ミリ位大きいもので、靴の幅もあまり広がっていない方が良いと教えて貰っていた。
私のスニカーを見て、紐をもう少しきっちりに結んだ方が良いと言われた。
そして、湿布と漢方薬を出して貰った。
指の変色の不安は消えたけど、足の痛みは、恐怖になっている。
昨夜も、寝返りを打とうとして、こむら返りで、唸っていた。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-02-28 16:09 | 老いと道連れ(終活) | Comments(0)

やっと・・・・

前回の出荷が終わって、次の出荷までに、確定申告の決算書作りに頑張っていた。
その間にも、税務署へ贈与税の申告に行ったりと色々忙しかった。
そして、次の出荷が始まり、出荷最盛期の時に夫が免許の更新の為の、運転講習に出掛けと、毎日があたふたと過ぎて行った。
確定申告は、商工会の初日に予約を入れていたので、12日に済ませ、出荷も何とか終わった。
疲れがどっと出て、年には勝てないなぁ~を実感した。
これだけ頑張ったのだから、自分にご褒美とネットショップを彷徨う。
手作りサイトで、見つけていた、華奢な指輪。
細い金の指輪に小さなビーズのような赤い石がついていた。
値段もそこそこで、買ってしまおうかなと思う。
でも、よくわが手を眺めたら、ハリの無い働く手だ。
細く、若いひとの指になら、似合うだろうけどね。諦めた。
洋服も、靴も、バックも、今あるもので十分だし・・・・・
本も、CDも、布も、手芸材料も、取り立てて欲しい物はない。
終活を意識して、無駄なものは買わないと決めているのだ。
何だか、夢がない。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-02-14 22:22 | つれづれ | Comments(0)