海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧
パソコンの前に座ると、最近はゲームばかりしている。
初めて、パソコンを買った時も、そうだった。
とにかく自分に興味があって、やれることをしていないと、パソコンの前に座るのが億劫になる。
だから、スパイダーソリティアと、キャンディークラッシュソーダのゲームをやる。
でも、お金を使ってまでやる気はないので、お金が必要になると止める。
Ipadで、キャンディクラッシュをやっていたときは、夢中になって、じぃじに呆れられた。
お金もいくらかつぎ込んだ。
アイチューンカードを買ってきては、やっていた。
でも、あまり良いことではないなと思って、そのゲームをすることはやめた。
今は、Ipadは、yahooの無料のゲームだけをやっている。

今、写真を取り込むことが出来ない。
やりかたを、婿殿に教えてもらったのだけど、わからなくなってしまった。
それで、画像がないので、ブログの更新もやらなくなってしまった。
c0167785_22184144.jpg

これも、ずっと以前に作った、七宝焼きのミニ額。
ピクチャにある在庫の画像。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-06-16 22:21 | つれづれ | Comments(2)

6月

5月は、仕事に追われて、バタバタと過ぎてしまった。
新しいパソコンも、ゆっくり向き合うことができなくて、いまだに恐々だ。
使い慣れたwindows7は、時々「windouws10へのアップグレード」が出てくる。
そのたびに、×印をクリックして消す。
でも勝手にやってくれるらしいから、パソコンの画面が、ある日起動したら、替わっていたということもあり得るのかも。
windows7は、壊れるまで、それで使いたい。
時々不機嫌になって、フリーズしてしまうけど。
今は、パソコンコーナーに2台並べて、主にwindows7で使っている。

体も頭も、だんだん劣化してきているのを感じる。
疲れが取れない。
でも、老いを自分から受け入れてはダメという、自分もいる。

今年は梅雨が遅いとか・・・・。
真夏のように暑い日があると思うと、肌寒い日もある。
気候もおかしくなってしまったようだ。
少し暇になったら、避難用のリュックの点検もしなくてはいけない。
c0167785_16191444.jpg

写真は、ずっと以前に作った、七宝焼きのミニ額。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-06-01 16:20 | つれづれ | Comments(0)

新しいパソコン

c0167785_2342014.jpg
5月も、残り少なくなってしまった。
大型連休は出荷に追われて過ごした。

連休前に、婿殿について行って貰って、新しいPCを買った。
これが、人生最後のPCになるのかな?
それとも、元気で長生きして、もう1台や2台は更新できるのか・・・?

今までのPCは、家電品店の店員さんの、お勧めのままに買っていた。
でも使わないソフトもたくさん入っている。
有名メーカーの物で無くてもよいので、自分の使うソフトだけでいいから、少し安く買いたい。
そんなことを話したら、婿殿が、私の要望を聞いてくれた。
大型家電ショップではなく、パソコン専門店へ連れて行ってくれた。
ハードディスクは外付けになるけど、私には不要なソフトがたくさん入ってないパソコンを選んでくれた。
予算の半分くらいで、PCとプリンターも購入できた。

そして、全てお任せで、初期設定も、今まで使っていたPCのピクチュアや、お気に入りも移してくれた。
まことに頼りになる婿殿である。003.gif

いろいろわからないことや、使い勝手で迷うことも、教えてもらって、今日のブログは、新しいPCからの更新だ。
XP・・・VISTA・・・WINDOWS7と変えてきて、これはWINDOWS10。
初めてPCを触った時のような困惑と恐怖はないけど・・・
でもなれた頃に、PCの寿命が来てしまう。007.gif
すっかり老化で硬くなった頭で、新しいPCと仲良くしなくなくてはいけない。
でも、PCと向き合っている間は、ボケないかなと思っている。

写真は母の日に娘がプレゼントしてくれた、つまみ細工のブローチ。


[PR]
# by kikutukuri | 2016-05-21 23:07 | つれづれ | Comments(0)

抱きしめられない思い

九州の地震はまだ、続いていて、TVの画面の上に、地震速報が流れるたびに、ため息が出る。
普通の日常が無くなってしまう恐怖。
私たちは、ニュースで、今の被災地の状況を知ることが出来るけど、現地の方達には、それも知ることが出来ないもどかしさが、痛ましい。
どうか、早く地震が収束して欲しいと願うことしか、出来ない。
不安定な気候の中で、不便な避難生活で、疲れもピークに達していることだろう。

夕方のTVで、3・11の地震と津波の被害に遭われた方の、家族の愛をテーマに絵を描かれている、小林明憲さんを写していた。
田原市にお住まいの絵描きさんだそうだ。
「抱きしめる思い」「抱きしめられない思い」
http://noriakikobayashi.dosugoi.net/(コピぺして見てください。)
「抱きしめられない思い」
2歳の我が子を、津波で亡くした、若いお母さんの思い。
小林さんは、その絵の、親子の顔を書くことが、なかなか出来なかったそうだ。

天災には、どんな理不尽なことも、人は耐えるしかないのだろうか。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-04-19 22:18 | つれづれ | Comments(2)

地震

昨夜は、サスペンスを見ていて、急に熊本の地震のニュースが流れて、びっくりした。
一夜明けての、被害は大きなものだった。
崩れた住宅や、熊本城の石垣、神社の石の鳥居など・・・・改めて天災の恐ろしさを感じた。
津波の心配はないと言っても、余震が続いているのは、不安だろうと思う。
被害に遭われた方々、不安な気持ちでお過ごしの方々に、お見舞い申し上げます。

3.11の地震と津波以来、大きな地震が、私の住んでいる地方にもいつかは、来るという恐怖は、常にある。
不測の事態に備えての用心は常に心がけていなくてはいけない。
津波の避難の為に、私の住んでいるところの小学校も3つの小学校が統合されて、海抜の高い小学校に通うようになり、スクールバスで送迎してる。
廃校になった小学校は、取り壊ししている。
それは、津波の恐怖が、漠然としたいつかではなく、確定的ないつかを思い知らされる。
[PR]
# by kikutukuri | 2016-04-15 23:10 | つれづれ | Comments(0)