海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

認知症

先日、叔母から電話があった。電話があったのは、父の一番下の妹の叔母で、父のすぐ下の妹の叔母のことだった。
「どうも認知症らしいのよ。」と言う。
そして、「もし電話があっても、あなたも話を会わせてね。昔の楽しかったことを思い出して、それが今の現実と一緒になっているのだと思うから。」と言われた。

今日はお友達が訪ねてきて、色んなお話をしてとても楽しかったと言うので、初めのうちは、叔母の家族は家族の留守に誰か訪ねて来たのかと思ったらしい。
それがたびたびで、見たところ誰も来た形跡もない。

「今にお迎えがくるから、身の回りを片付けなくては。」と箪笥から衣類を取り出すけど、部屋に広げたままになっている。
綺麗好きで、いつもちゃんとしていた叔母にしては考えられないことなのだ。

主治医の先生が、「おばあちゃんの言うことに逆らわずに、あわせてあげた方が良いですよ。」と言われたそうだ。
そして叔母の家族も、叔母が穏やかな気持ちで過ごせるように、叔母にあわせることにしたそうだ。
私はそれを聞いて、暖かい気持ちになった。

叔母の人生を思うとき、随分悲しい思いをしたのだろうけど、いつも穏やかな話し方をする叔母に、私も叔母のようになりたいと思っていた。

ことさら、「おばあちゃん、またそんなことを言って。誰も来ていないわよ。」と言うより
「そう、楽しかったね。」と会わせた方が良いと思う。

年老いていくことは残酷なことだと思っていた。
誰もが、体が不自由になったり、認知症になりたくないと思っている。
でも、それは本人の自己管理が出来てないとか、不注意とかでおこるものではない。

叔母から電話があった。先日送ったお菓子のお礼の電話だった。
「あなたが作った大嶋の小物入れ、あれを見たら泣けてきてね。
あの大島のハギレの中におばあちゃん(叔母の母、私の祖母)の着物と同じ柄が2枚あったのよ。
私が縫った着物だったから、懐かしくてね。」
それから、思い出話をして、「さっきもね、お友達と電話で話していたの。ここまで長生きしたのだから、死ぬまで元気でいようねって。」
最近は電話も出るのが嫌だと言ってと、家族からお礼の電話があったばかりだった。
虚構であっても、現実であっても良いよね・・・おばちゃん。
楽しそうに話しているのだもの。
「そうよ。元気でもっともっと長生きして。」
「あなたも忙しいのだから、無理しないでね。」と叔母の電話は切れた。
c0167785_23174440.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2011-06-30 22:28 | 老いと道連れ(終活) | Comments(2)

お地蔵様

ネットのお友達黒さんの「忘れないでいたいから・クリスマスプレゼント大作戦」に参加させてもらうことにしました。
クリスマスに、被災地へ手作りの巾着をクリスマスプレゼントする企画です。
参加する人、それぞれが楽しんで出来ることをする・・・と言うのが黒さんの思いです。

私は巾着の中へ入れる小物を作ろうかと思っています。
手芸雑誌で見た、手のひらサイズのお地蔵さまが、ずっと気になっていました。
とても優しいお顔をしていて、心が和みました。

一つ見本を作ってみることを、黒さんにメールして、取りかかりました。
本の通りに、縮緬に接着新芯を貼って・・・布はしっかりするけど、縫い難いこと。
形もうまく出来ません。
特に耳が小さいので、縫い代を縫い込んで隠すのが難しくて。
接着芯を貼らないままで、やり直しです。
綿とペレットの入れ加減も微妙です。
沢山作るには、木綿地か、お顔はニット地で作った方がよさそうです。
c0167785_2382144.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2011-06-19 23:11 | つれづれ | Comments(8)
視力の低下で、黒っぽいものは縫いにくいけど、作りかけになっていたものを完成。
キルトラインは、アイロンで消えるペンを使ったけど、目が悪くなくても分かりにくいと思うほど。
もう10年ほど前に買ったテープがあったことを思い出し、それを使いました。
要するに両面テープの幅がごく細いものです。
便利と言えば便利だけど、あまり使い勝手は良くないです。
それが証拠に、手芸の通販雑誌で、その後販売されているのを見たことがありません。

さすがにファスナーを中袋に縫いつけるのは、生なり色の糸を使いました。
自分使用だから、良いのです。
中へポケットも沢山つけました。
車や家のカギを探さなくてもよいようにキーホルダーもつけました。
c0167785_22475393.jpg

反対側です。
c0167785_22495323.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2011-06-17 22:33 | パッチワーク | Comments(0)
仕事が一段落すると、足がとても痛くなる。
最近では左足の指(中指、薬指、小指)が靴に当たるととても痛い。
靴があわないからかな?
老化現象で骨量が減少して、骨でも折れているのか?
夫に、家でああだこうだと言うより、整形外科へ行って来いと叱られてしまった。

最近は幅広の靴が店頭に並ぶようになった。
若いころは幅の狭い靴で、履き心地より、見た目重視の靴を選んでいたけど・・・・。
今は足が楽であること、転ばないこと、軽いことを頭に置いて選ぶようになった。
そして幅広3Eの靴を選ぶ。

整形外科でレントゲンを、まず撮った。
骨に異常はないそうで、先生がに「くつを脱いではだしになって立って下さい。次は後を向いて一歩踏み出して。」と言われる。
そして、「はい、わかりました。シンスプリントです。」
これはスポーツ選手・・・走ることの多い選手に見られる障害だそうです。
私のように運動と全く縁のないおばさんがどうして??
へん平足だからだそうです。

あまり幅の広い靴は、足底のアーチを潰してしまうので良くないと言われました。
通販で買った4Eの靴を履いていたのです。
その靴は先がほんの少し上がっていて躓かないようになっていたし、軽いし、ちょっと目にはお洒落で気に入っていたのです。

先生が言われるには、踵をしっかり保護するような靴で、足の幅があったもので、指先が1センチくらい余裕がある靴が良いそうです。

靴のインソールを型を取って作って貰う予約をしました。
これは保険が利くそうです。
足底のストレッチの仕方の印刷された紙を貰ってきました。

老いはじわじわと寄って来ています。
[PR]
by kikutukuri | 2011-06-16 20:55 | つれづれ | Comments(0)