海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みんな同じ思い

ラジオを聞きながら、今年の夏作用の菊の苗作りの芽を指す。
昨日より海はおとなしい。
昨日はゴーゴーと波の吠えるような波の音がしていた。
私は海が好きだった。
穏やかな海も、冬の何かを怒って吠えつくような海も好きだった。
でも今は、海は嫌いになった。
この太平洋の海岸線を北上すれば、魔物と化した海が、多くの人の命や生活、夢を奪ったのだと思うと、海は嫌いだ。

言葉に言いつくせない惨状や、それに加えての原発事故、そして無情の寒戻りの天候の中で過ごす被災地の方々に、何とかしなくてはと言う思いは、日本中、世界中の人が持っている。
でも個人レベルで出来ることは、ささやかな寄付しかない。
ラジオでも、何かしてあげたい、力にならなくてはとの沢山の投書が寄せられていた。

でもそうした人の善意に漬けこむ人でなしもいるようだ。
「義捐金をお願いしたので、通帳の口座ナンバーと電話番号を教えて下さい。」という新手の振り込め詐欺や、「被災地に金属が不足しているので協力して下さい。」と言われて、「どんな金属ですか?」と聞いたら、「使わなくなった金やプラチナの指輪やネックレスを出して下さい。」だそうだ。
チェーンメールも、サーバーに負担をかけて、被災地に繋がりにくなるので、メールが来たら、そこで遮断するようにと呼びかけていた。
重要な報道は、メールでなくても新聞、TV,ラジオなどのマスコミが伝えてくれる。

普通に生活出来ることが最上の幸せと、被災された人も、それを報道で見ている人も言う。
そんなにご馳走でなくても、暖かい物を食べて。お風呂に入り、足を延ばして暖かい眠りにつくことが、どんなに有難いことか。
家族を失い、家や仕事を失って、普通を奪われた人にも、明日は来るのだ。
命があって良かった、助かって良かったと思って貰える明日を迎えるように、私たちは何か手助けしなくてはいけない。
[PR]
by kikutukuri | 2011-03-16 23:42 | つれづれ | Comments(0)

無事でよかった

私には、福島に3人のネットのお友達がいる。
そして山形には、小学生の頃からの、お友達がいる。
どうか無事でいてほしいと祈っていた。
福島のお友達2人は、早くに無事がわかってほっとした。
でも一人は、どうしているのか心配だった。
昨夜、ネットのお友達がブログに無事だとコメントがあったと、メールをしてくれた。
すぐにブログを見て、「無事でよかった。」とほっとしたら、涙が出てきた。
TVで報道される、あまりにも酷い状況に、胸が痛くなる。

本当はこんな時、電話をしてはいけないのだろうけど、思い余って、山形へ電話した。
山形のお友達は、ネットはやらないので、電話か手紙しか連絡が取れないのだ。
電話にお友達が出て・・・私は自分を名乗るより先に「あ~無事だった。」と叫んでしまった。
被害はたしたことgたなかったけど、停電と断水で、寒い夜を過ごしていたそうだ。
オール電化にしてしまったので、ストーブもなくて、近所へポットを持って、ストーブで沸かしたお湯を分けてもらったと言う。
「でも津波に会った人を思えば、贅沢だよね。」と言う。

避難所の様子が伝えられるたびに、辛くなる。
怖い思いをして、命からがらで助かって、それだけでも凄いストレスだと思うのに、お互いを思いやって、不便な生活に耐えているのだ。
どうか頑張って下さい。
色々な物が足りなくてと訴えを見るにつけ、ドラえもんの「どこでもドア」があったら良いのにとつくずく思う。
暖かいお味噌汁やご飯、毛布やタオルもさし出してあげられるのに。
家族を亡くし、家も無くなって、一人だけ助かっても、それが良かったのかと言う人に、旨が詰まる。
どうか絶望から立ち上がって下さい。
「生きていて良かった。命があって良かった。」と思って貰えるように、私たちも頑張らなくてはいきないのだ。

今夜から、また冬に逆戻りの寒さになるそうだ。
どうか早く暖かくなりますように。
[PR]
by kikutukuri | 2011-03-15 21:44 | つれづれ | Comments(2)

大地震

信じられない大きな地震です。
大きな地震があってから3日経ちました。
日を追うごとに、被害の大きさ、悲惨な状況が報道されます。
ただ息を飲んで、TVの画面を見つめることしか出来ません。
本当にこんなことが起きたのだろうか?
悪夢なら覚めて欲しい・・・・。
地震で被災された方、亡くなられた方・・・どんな言葉でお見舞いやお悔やみを申し上げたらよいのかわかりません。

最初のニュースは3時ころだったと思います。
久しぶりに仕事に余裕があって、夫と「こんな日があっても良いよね。」と午後のサスペンスを観ていました。
何だか頭がクラクラして貧血のような感じがしたら、夫が「地震だ。」と叫びました。
それから、ニュース番組になって、東北地方で大きな地震があり、津波が来たと報道していました。
私の地方も津波警報が出て、市役所のサイレンや、パトカーで途端に尋常ではないことが分かりました。でもたいしたことなく過ぎました。
その日のTVは、信じられない津波の画像ばかり。
これって現実に起こったことなのだろうか?
あんなに簡単に家も車も、船も押し流されて・・・。

東京では交通機関がマヒして、帰宅できない人のニュースが流れました。
この寒い夜に、娘もムコさんも、あの中にいるのではないだろうかと心配になりました。
携帯にメールを送っても返信がありません。
翌朝メールをしたら、返事が来ました。
電話もメールも繋がらなかったそうです。
ムコさんは4時間歩いて帰宅したそうです。
我が家はこんなことで済んで、有難いと思いました。

私の地方も、太平洋岸なので、津波は怖いです。

まだ行方不明の方も沢山いるし、原発の事故や、火災もあり、余震も続いているようで、心の休まる時がなく、本当にお気の毒です。
どうか気をしっかり持って、もうしばらく我慢して下さい。
なにかしてあげたいけど、どうしたらよいのか・・・そんなもどかしい気持ちで、みんな応援しています。
[PR]
by kikutukuri | 2011-03-13 21:57 | つれづれ | Comments(2)
パソコンのご機嫌が、最近はどんどん悪くなって、フリーズは毎度のこと、文字変換は時間がかかるし、メールは送受信中に接続が切れてしまうと・・・困ることばかりだった。
昨日は、接続をしようとクリックしたら、接続画面が白くなってフリーズしてしまった。
ツールバーの接続のマークも赤い×印になっている。
とうとう壊れしまったのかと、ため息だった。
日曜まで待って、拓パパに助けて貰おうか、それともサポートセンターへ電話しようかと迷っていた。
一日パソコンの前に座らないことは、仕事が忙しい時などはあるけど、壊れて座らないのとは、気分が違う。
とても寂しいのだ。
思い切ってNTTのサポートへ電話してみた。
親切な対応で、私が固定電話からサポートへ電話したけど、そこからだとパソコンが遠いことを告げると。トラブルを確認して携帯へ電話してくれると言う。
「それでは携帯を持って、パソコンの前に待機しています。」と言ったら、「時間がかかるかもしれませんよ。」と言われたので、「大丈夫です。ゲームをやっています。」と答えたら、吹き出していた。
電話がかかってきてからは、パソコンを再起動したり、ネットへ接続するだけで、直ったようだ。
遠隔操作をして直してくれたのかな~?
どうやって直ったのかは、聞いても、私には理解出来ないので、丁寧にお礼を言った。

パソコン関係のサポートをして下さる人達には、いつも頭が下がる。
以前はパニックを起こして娘に電話していた。
そのたびに、「そんな訳のわからない説明では、分からないわよ。」と冷たく突き放されていた。
サポートのお兄さん、お姉さん達は、私の説明不足の訴えを根気よく聞いてくれるし、親切に対応してくれる。

ネットの無い生活なんて、考えられない。
ネットのお友達との、掲示板やブログのコメントを通じてのおしゃべり、買い物、地図や百科事典の役割もしてくれるのだ。

まだまだ、これからもサポートのお世話になるだろうと思う。
どうぞよろしくお願いします~!
[PR]
by kikutukuri | 2011-03-01 21:19 | つれづれ | Comments(6)