<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご近所トラブル

家を建てると言うことは、精神的にも、体力的にも大変だと聞いていたけど・・・。
この1週間ばかり、電話線に振り回されていた。
古い家屋を解体するときに、我が家の電話線は邪魔にならないように、NTTに来て貰って、電話線を移動してもらった。
ところが、お隣の電話線が、我が家の敷地を横断していて、解体は機械が触れないように気をつけるように黄色のビニールテープを所々にぶら下げて、注意をうながすようにしてくれた。
でも建てるときは、電話線を移動する方がよいので、お隣に電話線の移動を申告して貰うように言われた。
費用はかからないけど、電話の持ち主が申告しなくては受け付けて貰えないそうなのだ。
夫がお隣さんへ頼みに行った。

お隣の奥さんは、トラブルメーカーで有名な人なのだ。
私も今までのお付き合いで、散々嫌な思いをしてきたので、今では「敬いて遠ざかれ」主義で、挨拶はしても、深入りされるお付き合いはされないように気をつけていた。

NTTの工事担当者を引っ張って、隣の奥さんが、家に来た。
NTTの人が、しきりと「この家の人は関係ありませんから。」と言っているのに、私がNTTに説明するように言う。
まだ、基礎も打ってないので、そんなに急がなくても大丈夫だと説明する。
お隣さんは早急にやれと電話したらしい。
そして、電話線が垂れ下がっていると言う言い方をしたらしく、工事担当が違う部署から来たらしかった。
NTTさんが「すみませんね。私は電線が切れているとかの修理担当だもので。お宅とは関係ありませんので、お騒がせしました。」と謝ってくれた。
そして、「もう一度NTTの電話線の移動係に電話して下さい、」とお隣さんに言う。
お隣さんがむくれて、「同じ会社なんだから、帰ってから、その係に連絡しておけばいいでしょ。
私は忙しいのだから。」と怒ったように言う。
そして私にも噛みつきそうな勢いなので、NTTさんが、「あちらで話をしましょう。
この家の方は関係ありませんから。」とお隣さんを引っ張って行った。

2~3日して工事に来たお兄さんは、我が家を「〇〇さんですか?」と訪ねてきた。
それは、お隣さんだと言うと、電話線の移動に来たと説明した。
夕方に来たので、8時近くまでかかって工事していた。
お隣さんが、家へ来て、工事が終わるまで家にいて下さいと言われたけど、私に立ち会えと言う。
私が、それは工事を見ていると言うことではなくて、電話線の工事が済んだら、電話が繋がっているかの確認電話がかかるので、そのことを言っているのだと説明した。

そしてその2日後にもNTTから、我が家に電話が掛かってきて「〇〇さんですか?」とお隣さんの名前を言う。
「違います。お隣の電話番号を教えましょうか?」と言って電話番号を言ったら、「工事は済んでいますよね。」
我が家の電話番号を言って、電話したらしい。
「どうもすみません。」と言ってNTTの電話は切れたけど、私は少し怖くなった。

お隣さんに言わせたら、我が家が家を建てなければ、電話線の移動なんてしなくて済むことだから腹が立つのだろう。
でも逆の立場だったら、自分の敷地に電話線が横切っていると大騒ぎするだろうなと思う。

ああいう人なのだから、気にしないでいようと思いながら、疲れてしまった。
ここのところ、外へ出るときは、お隣さんに会わないように祈っている自分がいる。
[PR]
by kikutukuri | 2011-02-27 22:40 | つれづれ | Comments(2)

シルバーハウス

昨年の秋に、夫と住宅展示場を見に行った。
一昨年、断念したシルバーハウス作りを、真剣に考えようと話しあって、新聞の広告などを見たり、新築した人の話を参考にしたりしたりして、検討した。

何とか、こちらの予算に見合って、希望も取り入れた住宅メーカーも見つかり、話もとんとんと進んで行ったのだけど、やはり宅地が道路交通法で、道より後退するのが。少し引っかかってしまって、頓挫していた。
でも何とか、許可が下りた~!

暮れから、許可が降りたら年明けに、家の前の長屋(古い家屋)を解体することになっていたので、仕事の合間を見ては片付けをしていた。
今は廃棄物も支分けが大変なのだそうだ。

物置になっていた長屋には、古い農機具や、お米を保存するブリキの大きな缶や、姑の嫁入り道具の寝具の入った長持ちや、古い箪笥、その他諸々の生活不用品でいっぱいになっていた。
解体業者にお任せすれば、お金もかかるので、自分たちで出来ることは自分たちで片付けようと、夫と、トラックで何度もリサイクル処分場へ運んだ。
そして、燃やせるゴミは、ゴミ収集日に出すように、ゴミ袋に詰めて運ぶのは私の仕事。

仕事と、孫ちゃん誕生と、風邪引きと、解体の為の片付けと、我ながらよく動いたと思う。

2月になって、解体してもらい、10日は地鎮祭をした。
「こんなことは、人生でもそう何べんも無いことだから、お孫さんにも見せてあげると良いですよ。}と営業のお兄さんが言ってくれたけど、寒いし、まだ小さい、こうちゃんもつれてくると大変なので、拓ママは残念がりながらも辞退した。
風は強くて寒かったけど、良いお天気で無事済ますことが出来た。

11日は、こちらでは珍しく雪が降り積もるような日だったけど、地盤調査のお兄さんが来て、雪に濡れながら調査をして行った。

そして今日、地盤調査の結果もOKが出たと連絡があった。

この寒さの中での、家づくりの初段階の仕事をしてくれる人達に、夫と私はお芋をストーブで焼いてねぎらうことにした。
全て受け作業なので、おやつの心配は要らないと聞いていたけど、せめてもの感謝の気持ちなのだ。
解体から始まった家づくりにかかわる人達と、話をすることによって、自分たちも参加している思いが強くなるのだ。

(地鎮祭の写真を沢山撮って貰ったけど、顔がもろ見えなので、アップはやめにしました。)
[PR]
by kikutukuri | 2011-02-15 21:24 | 老いと道連れ(終活) | Comments(7)

拓ちゃんの弟

一月はどうやって過ごしたか覚えていられないくらいに忙しかった。
昨年の持ち越しの菊の出荷を済ませて、孫ちゃんの誕生、娘が入院している間にもう一部屋を出荷して、娘のお手伝いに通いました。
もうそろそろ、お手伝いも良いかなと油断したのか、風邪を引いてしまい・・・・。
後から考えたら、あれは風邪でなくインフルエンザだったみたいです。
喉が痛いなと思ったら、猛烈な悪寒と体の節々の痛みで、体もだるくて。
それでも自分では風邪と思い込んでいたし、また一部屋、出荷が始まったので、風邪薬を飲んで、夜は早く休むことにして頑張りました。
インフルエンザにかかった知り合いの人に聞いたら、症状が全く同じでした。
孫ちゃん達に移さないで良かった~!
c0167785_16373238.jpg

生まれて10日の孫ちゃん2号・・・航希(こうき)です。
c0167785_16413787.jpg

生後一か月・・・わんぱく坊主間違いなしの顔をしています。(笑)
c0167785_1643492.jpg

拓ちゃんは、優しいお兄ちゃんです。
二人とも、仲良く大きくなってね~!

c0167785_16464034.jpg
拓ちゃん、君のちょっぴり寂しくて、妬ける気持ち、分かるよ。
[PR]
by kikutukuri | 2011-02-08 21:26 | 孫ちゃん | Comments(10)