<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キュウリのピリカラ漬け

昨年、ネット友の花さんに教えてもらった「キュウリのピリカラ漬け」。
作るのは、今年3度目です。
梅雨が明けて、じりじりと照りつける太陽に、キュウリも育ち過ぎてしまって。
この育ち過ぎのキュウリを活用出来るから良いのです。
今日は3キロのキュウリで作りました。
ショウガとタカノツメが効いて、キュウリの歯触りも残っていて、暑すぎる日の食欲が落ちた時には最高です。
前回2回作ったのは、御近所さんや、お友達にあげてしまったので、今回は自家用に小分けにして冷凍しました。
c0167785_22212688.jpg


写真は前回作った1,5キロのものです。

畑で取れたトウモロコシもさっと茹でて、25本ほど冷凍しました。
こういう保存食作りは楽しい。
とても豊かな気分になります。
[PR]
by kikutukuri | 2010-07-22 22:23 | 料理 | Comments(6)

酢漬け

1か月ほど前に、体操教室のお友達が、脳梗塞になった。
救急車で運ばれて行くのに記憶がなかったそうだ。
気がついと時、天井が家とは違うので、「私、どこにる?」と付き添っていた御主人に聞いたそうだ。
退院してきて1週間目で、体操教室に来た。
病院の先生に積極的に体を動かすように、体操教室も参加するようにすすめられたそうだ。
自覚症状はなかったのかと聞いたら、吐き気はしていたけど、それから先の記憶が全くないと言った。
私の従姉妹も一昨年、脳梗塞で突然に亡くなった。
とてもショックっだし、いまだに信じられない気持でいる。
運動や食生活を気をつけることで、少しでも回避できるなら・・・・。
先日スーパーのレジの所の本のコーナーで、お酢の特集の本を見つけ、買った。
お酢の効能と、それに漬ける野菜が特集してあった。
全て鵜呑みで信じるわけではないけど、食生活の中に取り入れることは悪いことではないと思う。
玉ねぎの酢漬けと、黒豆の酢漬けを作った。
玉ねぎの酢漬けは、そのまま食べると、ちょっときついので、千切りキュウリや、カニカマと和えて食べると美味しい。
黒豆は一日5個から10個を頂く。
体に良い食べ物など、若いころには気にもしなかったのに。
口に運ぶものは、少しでも体に良い物と意識するようになったのは、歳を取った証拠?(笑)
c0167785_1742572.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2010-07-20 16:45 | 老いと道連れ(終活) | Comments(4)

梅雨明けドライブ?

朝、またいつもごとく唐突に、夫が「今日は水汲みに行くぞ。」と言う。
3連休の初日だし、道路も込んでいるだろうに・・・・。
もうすぐ、菊の出荷が始まるので、行くのは今しかないと言う。
仕事は暇だったけど、雨が多かったので、水汲みにはいかれなかったのだ。
文句を言いたいところを我慢して、同行する。
朝はまだ梅雨明け宣言が出ていなかったので、心配するほど道路も、水汲みの観音様の境内も込んでいなかった。
平日に行くときと同じくらいの、時間待ちでスムーズに水を汲むことが出来た。
途中の道路沿いの渓流も水かさが多少多いけど、アユ釣りをしている人がちらほらいた。
梅雨明け宣言がされたらどっと混むだろうねと夫と話していたら。ラジオが梅雨明け宣言を伝えていた。
青い空には積乱雲です。
c0167785_16434818.jpg


あ~、これから暑い夏になるのだなぁ。
短い春が過ぎて、異常な梅雨があって、体がツイテ行かれない気分です。
夏中の飲み水を確保出来て、ちょっと安心。
この水を飲むようになってから、水道水はどうもダメです。
遅いお昼は、途中のうどん屋さんに寄りました。
「一日限定20食」のお茶を練り込んだうどんにもありつけました。
c0167785_1645012.jpg


[PR]
by kikutukuri | 2010-07-17 16:23 | つれづれ | Comments(0)

作りかけのバック

仕事はさほど忙しくないのに、そんな時は他にやることがいっぱいで、仕事をしているより疲れる。
何だか毎日が無為に過ぎていくようで、空しい。
これが自分のやりたいこと・・・やっぱり針を持つことだ~!
やりかけのバックをやっと一つしあげた。
同じ形の物を布を変えて、まだ3つ作りかけになっている。
あちこち広げると、つくりかけばかりだ。
作りかけては、仕事が忙しくなってしまいこみ忘れてしまう。
後少しで完成するのにというものばかりがある。
c0167785_23171021.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2010-07-11 23:17 | 手芸 | Comments(4)

さくらんぼ後日譚

夕方、さくらんぼ農家から電話があった。
「さくらんぼは届いているでしょうか?」
「はい、届きました。」
いつ届いたのか、痛んでいなかったかと聞かれた。
あまり根ほり葉ほり聞くので、「あのう、もしかして今問題になっているゆうパックで送られたのですか?こちらへ届くよりももっと前に送られたのですか?」と聞いてみた。
宅配便は大抵、一日、遠い所でも二日で届く。
話しからして二日よりも前に送ったものらしかった。
「でも御心配のような痛みもなかったし、美味しく頂きましたから。ありがとうございました。」と言って電話を切った。
考えてみたら、こうした遅れは、単に送ったものが痛んでいたかどうかだけの問題ではない。
送り主にしてみたら、送ったのに何の連絡も、お礼の言葉の一つもないと思うだろう。
山形のお友達も、私に送ったのに何の連絡も無いので、暫く待って電話したようだった。
送ることを依頼された、さくらんぼ農家も、送ったはずなのに届いていないと苦情を言われただろうし、信用問題になるのだ。
荷物の配送の遅れが、人間関を悪くすることもあるのだ。
私は、正直なところ、ゆうパックはあまり好きではない。

我が家は昼間は食事時でないと、留守が多い。
だから大抵、宅配さんが荷物を持ってきてくれても、留守で、「戻られたら電話して下さい。」と携帯の電話番号の書いたメモが置いてある。
電話をすると、こちらのいる時間を確認して届けてくれる。丁寧に対応してくれる。
私はいつも申し訳ない気持ちになって、「忙しいのに2度足を踏ませて申し訳ありません。」と謝る。
道路が渋滞していることもあるだろうし、あちこち配達しているから、こちらへ来るのはおそくなるだろうと思って、送ってくることが分かっている、自分で注文した商品は、そんなに遅れが気にならない。
でも正直言って、ゆうパックはあまり好きではない。
ゆうパックの人がみんなそうではないだろうけど、なんとなく威張っている感じで、一度荷物を放り投げるようにして置いていかれたことがあった。
もし中の荷物がそれによって壊れていたら、送り主の心も放り投げたことになるのにと腹が立った。

いい訳になるかもしれないけど、山形の友達に手紙を書こうと思う。
遅れたさくらんぼのお礼の電話は、届いてすぐに掛けたけど、さくらんぼ農家が忘れていたのではないことを教えてあげなくては・・・・。
[PR]
by kikutukuri | 2010-07-10 22:20 | つれづれ | Comments(0)

さくらんぼ

山形のお友達から、今年もさくらんぼが届きました。
1週間ほど前に「さくらんぼ、届いた?」と電話がありました。
毎年、送って下さるさくらんぼ農家が、今年の長い冬で、さくらんぼが遅れていて、色も赤くならないので出荷するものが無いと言われたそうです。
それで生協で頼んだのだそうですが、生協から送ったという通知もないし、私から届いたという電話もないので心配していたのです。
「もう随分前に頼んだから、忘れているのでは、聞いてみるね。」と言うお友達に「今年は気候の関係で色んなものが遅れているから、催促しなくても大丈夫よ。楽しみに待っているね。」
今年は梅も高かったし、我が家の梅の木もほんの少ししかならなかった。
我が家の場合は、昨年の台風も影響しているのだけど。
届いたさくらんぼは、いつものより赤みが薄いなと思ったけど、味は甘くておいしかった~!
c0167785_2135489.jpg



先日作った青シソ酢、結構活躍しています。
思ったほどシソの香りは強くないけど、体の為に良いような気がして、酢の物、おそーめんに。
そうめんにキュウリやカニカマや卵をのせて、麺つゆをシソ酢で伸ばしてかけてみました。
さっぱりしていて、これからの熱くて食欲のない時にいいと思います。
酢につけたシソの葉も、お醤油を少したらして食べるとなかなかいけます。
今、酢がマイブームです。
黒豆、玉ねぎも酢漬けにしています。
c0167785_2333348.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2010-07-05 23:36 | つれづれ | Comments(4)