<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

100均のケーキ

100均の手芸コーナーって、侮れないですよね。
キットも100円で買えるのです。
ボタンやカットクロス、レースなど、「これ、本当に100円で良いの~?」と思ってしまいます。
フェルトのケーキのキットを買ってそのままになっていたのを思い出し、作ってみました。
これ楽しくて嵌りそうです~♪
こんなケーキを5つ位、ケーキの箱に入れてプレゼントしたら、大人でも受けそうです。
c0167785_23155888.jpg

大阪の従姉妹が作ってくれた抹茶のロールケーキのストラップと、拓ママが作ったフルーツタルトです。
ミニュチュアに作って、携帯ストラップも面白いな~♪
c0167785_23193542.jpg


樹脂粘土でミニュチュアのケーキを作るのが好きだったけど、最近はデコパーツと称して出来上がったミニュチュアが格安で売っていますね。100均でも見かけたことがあったかな。
きっと型をとって、後から着色したものだと思いますが、とても精巧に出来ています。
何だか粘土で作る気が無くなっていました。
私はイチゴもミカンなどのフルーツや生クリームなども一つ一つ指先で粘土を捏ねて作っていたのですが・・・。
今度はフェルトでミニュチュアを作ってみようかな~。
[PR]
by kikutukuri | 2009-04-29 23:28 | 手芸 | Comments(0)

布絵本

お友達に頂いた本に載っていた布絵本を作りました。
アップリケは苦手なのですが、これはフェルトなので、布端を気にすることなく作ることができました。
タヌキさん、ブタさん、ネコさん、キツネさんが「いない、いない、ば~!」をします。
とても可愛くて、作っていて楽しかった~!
12cm程の小さい絵本です。
赤ちゃんって「いない、いない。ば~!」が好きですよね。
最近の拓ちゃんは声を出して笑うそうです。
この本を見せて、笑う声が聞けたら良いな~!
c0167785_22194386.jpg

c0167785_22211667.jpg


[PR]
by kikutukuri | 2009-04-26 22:21 | 手芸 | Comments(4)

こいのぼり

ネット友さんの掲示板でこいのぼりのお人形が流行っていた。
とても可愛いので、ぜひ作ってみたくなり、レシピをお願いした。
快くFAXで送って下さった。
ところが仕事が忙しくなり、型紙を眺めては、「何とか5月までには作りたいな~!」と思っていた。
今日、何とか出来上がった~!
ずっと以前に名古屋のリサイクルショップで買った、絞りの羽織で鯉のぼりを作った。
本当はもうひとつ黒い鯉をつくるつもりだったけど、中に入れるペレットが無くなってしまった。
目玉も、無かったので、ダメ元で洋裁店へ買いに行く。
そこは洋裁の仕立てをやっているので、ボタンや糸、裏布など洋裁に関するものは置いてあるし、手芸用品も少しならある。
手芸店はずっと以前はあったのだけど、店じまいしてからもう20年以上になる。
車で30分ほどの所にも手芸店があったけど、つい最近店じまいしてしまった。
スーパーの中の手芸店もいつの間にか無くなっていた
c0167785_2235265.jpg

最近はあまり手作りする人がいないので、手芸店も大変なのかも・・・・・。
我が子を子育ての頃は、手芸店も流行っていて、冬が近くなると毛糸のチラシなどが入ったものだった。
セーター、トートバック、リュックや座布団など手作りしたものだった。
今は豊橋の手芸センターまで出掛けないと、欲しい物が揃わない。
目玉はサイズも揃っていたが、ペレットは無かった。(-_-;)
田舎暮らしはこんな時、不便だな~と思う。

拓ちゃんの初節句にパパの方のジィジとバァバが兜の飾りものをお祝いしてくれたので、鯉のぼりを買ってあげようかと思ったが、鯉のぼりをたてる庭が無いし、ベランダではお隣さんや上の住人さんに迷惑がかかるといけないと拓ママが言うので、このお人形を見た時、「これだ~!」と思ったのだ。
早く届けてあげなくてはね。
[PR]
by kikutukuri | 2009-04-20 22:09 | 手芸 | Comments(8)

お花見

ポリープ検査が済んで、不安が解消した夫は、早速水汲みに行くと言う。
いつも当日の朝にいきなり言って、私に怒られるので、昨日の晩に言った。
それって当日の朝にいきなり言うのと対して変わらないと思うけど。
「今日は、あんたの誕生日だったね。お花見に連れて行ってやるよ。」と初めて聞く言葉。
桜吹雪ならぬ、本当の吹雪にならないかしらと思うけど、憎まれ口をきくのはやめておいた。

水汲み道中も、水汲みの観音様の境内も桜が、そろそろ葉桜になる風情だ。
日本人は桜が好きだな~と思う。
今の時期、どこへ行っても桜が咲いている。
母や叔母に桜の写真を撮ってあげようとデジカメを構える。
「ここで撮らなくても、これからもっと見事な桜を撮れるよ。」と夫が言う。
山を下りて、桜淵公園へ寄った。
ここは高校生の頃、遠足で来たことがある。
それから〇十年・・・・あまり記憶がないから変わったのかどうか・・・・??
でも素晴らしい眺めに感激。\(^o^)/
ここも桜はもう終わりに近づいていた。
桜の花びらが風に吹き寄せられている。
来年は拓ちゃんを連れて、お弁当を持って来たいな~と思う。
c0167785_22494141.jpg

c0167785_22515362.jpg


[PR]
by kikutukuri | 2009-04-10 22:31 | つれづれ | Comments(4)

ポリープ検査

夫が大腸のポリープの検査をするので、豊橋のクリニックまで送り迎えをすることになった。
本人は自分で行って来るつもりだったのだけど、麻酔が効いているので、家族の送り迎えかタクシーをt利用するようにと言われたそうだ。
もしポリープが見つかったら、検査をしながら取ってしまうので、入院になるそうだ。
80パーセントくらいは、大丈夫だろうと言う、医師の診断だったけど、残りの20パーセントの不安はある。
朝7時半に家を出て、クリニックへ送る。
検査は9時からで、迎えに来るのは夕方の5時頃だそうだ。
夫は「豊橋の街で遊んでいればいいよ。」と言うけど、一人で不安を抱えての時間つぶしは、考えただけで疲れてしまう。
家へ帰って、夕方前に出なおそうかと思ったけど、それもなんだかな・・・・・・・。
娘には黙っているつもりだったけど・・・・電話して、拓ちゃんと遊んでいることにした。
でも、私は正常心ではなかったようだ。
娘の所へ行くのに、近道しようとして道を間違え、おまけに道を人に尋ねておきながら、反対方向に車を走らせていた。
普通なら30分で着く所を1時間かかってしまった。

娘の作った美味しい野菜シチューをお昼に御馳走になり、拓ちゃんに遊んで貰った。
「あ~あ~、う~う~」とよくお話するようになった。
拓ちゃんがお話するたびに、「ふ~ん、そうなんだ。それからどうしたの?」と相槌をうつと、またお話してくれる。
バァバは拓ちゃんの言葉が分からないけど・・・・・。
それでも拓ちゃんがお話してくれるので、合わせている。
その様子を見て、拓ママはクスクス笑っている。
子供の頃から大好きな童話「風にのってきたメアリー・ポピンズ」の本の中に赤ちゃんとムクドリのお話がある。
赤ちゃんは日の光、風、星、木の言葉、鳥の言葉が分かるのだそうだ。
でも少し大きくなると忘れてしまう。
拓ちゃんもそんなお話をバァバにしてくれているのね。
拓ちゃんの言葉が分かったら楽しいだろうな~!

5時少し前にクリニックへお迎えに行った。
検査から入院になったらしい人がベッドに点滴をつけて、病室へ運ばれて行くところだった。
夫はなかなか出てこない。
心配になって、受付で聞いてみたら、「帰ることが出来ますよ。もう少し待っていて下さい。」
しばらくして、麻酔のまだ残っているような顔した夫が出てきた。
あ~良かった~!
c0167785_1425568.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2009-04-08 13:26 | 孫ちゃん | Comments(2)

拓ちゃんの笑顔

拓ちゃんがあやすと笑うようになった。

今日は自発的に頸動脈のエコーの検査をしてもらう日だった。
これは自分から自分への誕生日プレゼントなのだ。
自分の誕生日の月に、何か検査をしてもらうことにしている。
健康を過信することなく、どちらかと言えばお気楽に流されそうな自分への戒めなのだ。
検査の時間が10時半だったので、早めに家を出て・・・拓ちゃんに会いに行く。
まだ寝ていたけど、ママがもうじき起きるころだと言うので、お茶を飲んでいた。
c0167785_1722166.jpg

この頃は、昼間は起きていることが多いそうだ。
「拓ちゃん、おっきしたの?」のママの声に覗き込んだら、にっこり笑っている。
バァバが抱っこしても、天使の笑顔だ~!
デジカメを構えたら、ママが「笑っている顔を撮るのって難しいよ。」と言う。
でも撮れた~!!
[PR]
by kikutukuri | 2009-04-02 17:08 | 孫ちゃん | Comments(8)

ネットショッピング

私は手芸材料や布などをよくカタログやネットで買う。
田舎暮らしなので、町の手芸センターへ買い物に出掛ける時間を考えるとネットを利用したほうが簡単だから。
それにわざわざ出掛けても、探しているものや、欲しいものが必ずあるとは限らない。
そのかわり実店舗での方が、今こんな手芸が流行っているのかという刺激はある。
次女が学生の頃は東京へ娘に会いながら買出しに出かけたものだけど・・・・。
ビーズを買うにも、私は普通の丸小ビーズを沢山の色を買うつもりでいたのに、次女は「せっかく東京に来たのだから、もっと拘りのある、そこでしか手に入らないビーズを買ったら。」と言われて、ビーズのお店を何軒も歩き回ったものだった。
でも平凡なセンスの持ち主の私には、結局アンティークのビーズを生かして使うことが出来なくて、いまだにビーズのケースに入ったまま何年にもになっている。
布は長女と名古屋へ出掛けたものだった。
でも昨年から、一緒に買い物に出かけたことはない。
もう少し拓ちゃんが大きくならないと無理だろう。
ネットではあのお店、このお店とパソコンの前に居ながらにして見ることが出来る。
でも困るのは、あのお店のあのビーズと、こっちのお店のビーズと少しずつ欲しいと思っても、一緒に買い物出来ないことだ。
送料とか代引き手数料を計算すると、もう少し買い物した方が得かなと、無駄な買い物をしてしまう。
それと欲しいなと思うものは、即売り切れになってしまうこと。
お店のHPが更新されると同時くらいに売れてしまうことだ。
私は一日パソコンの前にいるわけではないので、自分の時間が出来た時に見る。
ちょっと変わった素敵なビーズなどは、いつも売り切れになっていて、買えたことがない。
何年か前に、「ビーズの福袋」を買ったことがあるけど、その時は夕方のカートオープンで、その時間からは何度もクリックしても繋がらなかった。
意地になってひたすらクリックし続けて、やっと買えたことがあった。
でもこういう買い物は無駄が多いなと思って、それから買ったことはない。
ネットショッピングの人気商品は即決でないと買い損ねることが多い。
どうしようかな~と迷っていると売り切れてしまう。
私は一応お気に入りにそのページを入れて、もう少し考えてから決める。
拓ママにマザーバックを買ってあげるからと、そのHPを開いて好きな色を選ばせた。
拓ママは私の何倍も慎重なので、一緒に買い物に行くとイライラしてくる。
拓ママは迷って、あとからメールしてきたが、その時には、もう売り切れになっていた。
c0167785_13334715.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2009-04-01 12:56 | つれづれ | Comments(0)