カテゴリ:つれづれ( 205 )

水汲み

今年最後の水汲みに行く。
今まで12月に行ったことはなかった。
山道の路面が凍結していると、怖いので、11月に行っていた。
今年は暖冬でなので、大丈夫だろうと言うことで。
水汲みに行くようになって、10年以上になる。
飲み水は、水道水は飲めないと、夫は言う。
沸かしてしまえば、カルキ臭さも抜けるし、どうってことないと思うけど。
でも、湯冷ましを飲むと、水の美味しさがよくわかる。
行くたびに、山が深くなってきたなと感じる。
木が伸びて、せり出しているようだ。
今は、国産の木材などは高くて使わないから、山を管理する人も少なってしまったのだろう。
このままで、どうなっていくのかなと心配になる。
水は、並ぶことなく、来年の春までの分を汲むことが出来た。
c0167785_21195136.jpg

写真は途中の景色を車から。
帰りは、道の駅や、JAの直売所、お菓子のアウトレットとお決まりの買い物。
一時、野菜が高かったけど、今はとても安い。
ミカンも、柚子も、柿も、今年は生り年だそうだ。
二人暮らしで、どれだけ消費すると言うほど、色々買い込んだ。
お財布には優しい値段だったから。
[PR]
by kikutukuri | 2015-12-07 21:08 | つれづれ | Comments(0)

またまた、ブログの留守が続いてしまった。
季節は移りかわろうとしている。
先週、定期検査に行った時に、インフルエンザ予防接種を希望した。
その時は、まだインフルエンザのワクチンが来ていなかったそうで、
次回の内科の検査は12月末になるので、その時まで待てないと、今日の予約をして、出直した。
私は、これを打つと、具合が悪くなって、一日は寝込む。
でも、それは想定の範囲内のことだそうで、それ以上に異常があったら、病院へ来てくださいだそうだ。

出直すついでに、主治医の先生に骨密度の検査もお願いした。
少し年上の知り合いが、膝や、股関節、腰が痛くて、背中まで痛くなって入院した。
また。別の人も、家の中でも転ばないように、杖を使っていると聞いた。
3人に2人くらいは、「私、骨粗鬆症なの。」と言う。
50代の頃は、婦人科の病気で、ホルモン剤の治療をしたので、骨密度は意識して検査してもらっていた。
5年ほど前に、膝関節症で、整形外科で、検査して以来、やっていない。
内科の主治医の先生は、心配だと言うと、すぐに検査を出来るようにして下さる。
これは、他の科へ受診しなくてもいいのでとても、有難い。

帰りに孫ちゃんの所へ寄って、少し早目の夕食は、みんなで回転すしへ。
孫ちゃん2号は、「今日はバァバと一緒~。」と私にべったり。
ヤキモチやきの2号君は、ジィジもバァバも独り占めしたいらしい。
いつまで。こんなふうにべったりしてくれるのかな。
[PR]
by kikutukuri | 2015-10-26 10:29 | つれづれ | Comments(0)

津波注意報

チリの地震で、津波注意報が出たのは、昨日だった。
日本でなく、遠い外国の地震でも、その影響があるのかと驚いた。
でも、あの3.11の津波の画像を見てからは、津波の恐怖はしっかり頭に入っている。
津波の到着は、今日の朝早くと予想されていた。
津波の想定される高さは、そんなに高くはないが、侮ってはいけないことも。
携帯に、市のホットラインのメールが頻繁に入る。
3,11の後で、長女が夫と私の携帯に、市のホットラインのメールが入るように設定してくれた。
何だか不安で、早くに目が覚めた。
TVのニュースの画面の横には、日本地図と津波の想定図が出ている。
市の放送が、「海岸には近づかないように。」と呼んでいる。
いつもは持ち歩かない携帯を、今日はしっかり持って、仕事をした。
夕方になって、全ての注意報が解除されたとメールが来た。
不安な一日だった。

台風、大雨、地震、火山噴火、津波と、日本はどうなってしまうのだろう。
日本だけでなく、地球が病んでいるいるような気がする。

友達が、夜寝るときにパジャマは着ないで、Tシャツとズボンで寝ると言っていた。
災害は昼間に来るわけではないから、夜中にすぐ避難しなくてはいけないときに、パジャマを着替えている
時間があるかどうか分からないからと。
そんなと、その時は笑ったけど・・・・・ありえないことではない。
スニーカーとリュックは寝室に置いてある。
でも、今のままでは、パジャマで避難することになるかな。
私も考えてみよう。
[PR]
by kikutukuri | 2015-09-18 23:49 | つれづれ | Comments(2)

国勢調査

先日、国勢調査をインターネットで回答してくださいと、調査員が用紙を持ってきた。
「出来なかったら、どうする?」と聞いたら、出来ていないのは分かるので、後から調査票を持ってくるとのことだった。
何でも、ネットの時代になってしまったのだなあと思った。
デジカメや、プリンターは勿論のこと、家電品でもわからないことは、ネットで対応している時代である。
ネットの出来ない人や、若い人と同居でない人は、どうするのと聞きたくなる。
つい先日も、エアコンの掃除についての取説が良く分からないので、夫にネットで調べてくれと頼まれたばかりだった。
やっと出した家電メーカーのHPでも、良く分からない。
こうなったら、買った家電品店へ行って聞くしかないでしょう。

ずっと仕事が忙しかったので、やっと今日、国勢調査をやった。
心配するほどのことはなかったけど、緊張した。
我が家の近所でも、老夫婦だけとか、お年寄りの一人暮らしの家庭もある。
私と同世代でも、パソコンも、スマートホンもやらない人も多い。
何か、年寄りに優しくないなと思うけど。
今年は、私も出来たけど、5年後は出来るかどうか自信がない。
c0167785_20535794.jpg

ちょっと前に作った、畳のへりバック。
ヘリテープは、何年も前に、買って放ってあった。
「和布くらふと」をペラペラ見ていたら、詳しく作り方が載っていた。
本では、中袋も、口にファスナーも付けてなかったけど、実用本位で、自己流に付けた。
軽くて、使いやすそうだけど、もう使うのは来年かな。
[PR]
by kikutukuri | 2015-09-15 20:58 | つれづれ | Comments(2)

8月も終わり

毎年のことながら、お盆出荷に追われ、お盆行事に忙殺され、夏が過ぎて行く。
それでも、毎日考えることもあったはずだし、ただ仕事だけで、過ぎて行った訳ではないはずなのに。
夏はとにかく、疲れる。
暑いだけでも、体力が消耗するのに、年々、体に堪えるようになってきた。
夜、パソコンの前に座ると、いつの間にか、居眠りをしていた。
それでも、メールだけは貯まると恐ろしいことになるので、チェックして、削除だけはしていた。

「Windows10へのアップグレードをご検討下さい。」が噴き出してくる。
Windows10は使い難いと聞いているのに、こんな頭の固いおばぁさんでは、どうすることも出来ない。
今のパソコンが、やっと慣れて、使いやすくなってきたのに・・・・・・。
でもパソコン寿命からすると、あと2年は持つかな~と言うところだ。
最初は、結構問題もあるのでは・・・・・。
私が初めて買ったパソコンはXPだった。
まだ出始めで、結構問題があって、サービスパックのCDがパソコンショップや、郵便局などに置いてあった。
訳もわからず、インストールして、余計ややこしくなった。
確か、余計に不具合が生じて、パソコンショップへ持って行った。

パソコンが分からないときには、孫ちゃんのパパの、心強いお助けマンがいる。
孫ちゃんのパパは、「もう少し、時期を待った方が良いよ。」と言った。

Ipadも、仕事の合間を見て、新しいものに変えた。
軽いけど、使い方が微妙に違うので、戸惑うことばかりだ。

いつまで、世の中の流れについて行けるのだろうか。
すでに、取り残されているのかも・・・・・。
c0167785_2338113.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2015-08-29 23:38 | つれづれ | Comments(6)

Fちゃん 

お昼前に、近所のスパーへ行こうと車を走らせていた。
郷中の道なので、ゆっくり。
少し先で、手を振っている人がいる。Fちゃんだった。
「良かった、会えて。ちょっと待っていて。」と家の方へ走っていく。
何だろうと、私も車をバックさせて、Fちゃんの家の前で止めた。
レジ袋にいっぱいのお煎餅を差し出す。
「え~、何?こんなに沢山。」
「貰って。実家へ行ったばかりで、沢山買ってきたの。アウトレットで悪いけど。」とニコニコ笑っている。

Fちゃんとは、もう20年以上も前に、一緒に婦人会の役員をやった。
彼女は、私よりも6歳くらい若くて、地域と馴染めなくて悩んでいた。
心も体も折れてしまいそうな人だった。
とても、礼儀正しくて、物事を正面から受け止めて、きちんと対応する人だった。
私と同じ、この地の出ではなく、いつも周りからは浮いていた。
決して、自己主張することはなく、むしろ目立たないように、控えめに控えめにしていた。
どこの土地でも排他的な人はいる。
そして、そういう人は、ほぼ同年齢で、その中では活発な人だ。
Fちゃんは、自分の子供の同級生のお母さんの友達が欲しかった。
「友達が欲しい。」がFちゃんの口癖だった。
私が見ている限り、Fちゃんに友達が出来たということはなかった。

私とは歳が離れているから、ダメかなと思いながら、ビーズ手芸に家に誘った。
3~4回通った。
「不器用だから、出来るかな。」と言いながら、好きなビーズを選んでもらって、ブレスレットを作った。
「好きな色のビーズを、ゴム糸に通すだけだから大丈夫。大きさも変えると良いよ。」
いくつかブレスレットを作って、「宝物がいっぱい出来た~!」と嬉しそうだった。
私が作ったビーズの指輪もあげた。
喜ぶ顔が、可愛くて、私も妹が出来たみたいで嬉しかった。
c0167785_20333034.jpg

何年かして、噂で、心を病んでいると聞いた。
私も、頑固な50肩で、自彊術体操に通い始めた頃だったので、体操で気を紛らわすことが出来たらと誘ってみた。
体操教室の先生はじめ、お仲間もみんな良い人ばかりだったけど、
当時のFちゃんには、人中に入ることも辛かったのだろう。
2か月ほど、通って、私に「せっかく誘ってくれたのにごめんね。」と辞めてしまった。

それから、何年も会うことは無かった。
そして、昨年、スーパーで会った。
少しふっくらして、明るい顔をしていて、Fちゃんに声をかけられるまで、気が付かなかった。
「元気になった?」と聞いたら
「うん、変わったでしょ。」と笑っていた。
少し話をして、帰り際に「〇〇さん、ありがとう。〇〇さんは、私の親友だよ。」と言ってくれた。

あまり、会うこともなくの今日だった。
昨年よりも更に、ふっくらして、笑顔がまぶしいくらいに明るくなっていた。
Fちゃんの辛く苦しい日々を思うと、頑張ったのだなあと思った。
やはり、心が病んで、入院もしていたそうだ。
隠さずに話してくれたことが、嬉しい。
「〇〇さんとは、本当にたまにしか会わないけど、ずっと会っているみたいに話がはずむね。
これからも、ずっと友達だよ。お願いね。」と私の手を握ってくれた。
Fちゃんの息子さんは、超難関大を出て、今は都会で仕事をしている。
自慢しても良いことも、Fちゃんの口からは出ない。
偉いなあ、Fちゃん。尊敬するよ。
もう大丈夫だよね。
馴染めなったら、自分を殺してまで、無理に馴染まなくても良いよ。
家族と、家庭をしっかりと守っていれば、それで最高。
深呼吸出来る所で、深呼吸して、残りの人生楽しもうね!
[PR]
by kikutukuri | 2015-07-18 20:04 | つれづれ | Comments(0)

ipadが繋がらない~

リビングに置いてあったノートパソコンは、随分前から使えなくなった。
デスクトップパソコンは、寝室の横のパソコンコーナーに置いてあるので、昼間は使わない。
その代り、ipadで、お友達のブログを見たり、次女とラインをやっていた。
ところが、朝、いつものようにラインをしようとしたら、出来ない。
yahooを開いて、ブックマークしてあるブログを見ようとしても、「wi-fiが繋がっていません。」と出てくる。
えっ、何?
どこも弄ってないし、昨夜はちゃんと繋がっていたのに。
設定を開いて、見たけど、さっぱり分からない。
大抵、パソコンは5年、ipadは2年位の寿命と聞くけど、パソコンのようにご機嫌が悪くなることはなかったし。
?????ちょっとパニックだ。

一人で悩んでいても仕方ないので、softbankまで車で走る。
お店のお兄さんが、話を聞いて、「wi-fiともう一つのコンセントを抜いて、もう一度入れれば繋がりますよ。」と教えてくれた。
パソコンでもご機嫌が悪いときは、私はそれをやってみるけど、ipadも同じなのだ~。

寿命を聞いたら、まだ大丈夫だと思うけど、この10日で2年になるから、替えたらどうかと勧められた。
新しい機種にすれば、色々な機能もバージョンアップしているし、今のipadは重いけど、新しいのは軽いそうだ。
かなり食指が動く。
だんだん固くなる頭では、新しいものに拒否反応を起こすけど、今のうちに何とか使えるようにしておくのも、一つの手段かもしれない。
確かに今の、ipadは重い。
出掛ける時に持って行こうと思っても、荷物があるのが嫌いな私は、途中で肩が凝って捨てたくなるだろうと、持ち歩いたことは無い。
地図とか、お店の情報など、スマホより大きい画面で見られるから、目の悪い私には便利なのだけど。

ついでに、itunesの残高も調べてもらった。
最近はビデオを借りることもしなかったので、どのくらい残っているのか、それを調べることも自分では出来ない。
2700円残っていた。
新しく替えるのなら、急いで使ってしまわないと、無効になるのだろうか。
帰ってから、tsukemenのbasaraと、kiyariをダウンロードした。
「徹子の部屋」で、tsukemenの演奏を聴いてから、ずっと気になっていた。
やっぱり良いな~!しばらくは繰り返し聞くだろう。
c0167785_20374412.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2015-07-04 20:37 | つれづれ | Comments(12)

作れない

仕事が暇になったら、ゆっくり針仕事をしたいと思っていた。
作りかけの、お細工物も、ミニ着物も、お友達に詳しい作り方も頂いて、待機している。

今、少し暇なのだけど、着物地を見ると、胸が詰まって何も出来ない。
自分で、どうしてなのかもわかっている。
次女とラインで話をする。
「母は自分で、納得して前へ進んだつもりで、今は穏やかな気持ちでいると言っているけど、深層心理では、納得していないのよ。無理に我慢してはダメだよ。我慢していたら、いつか爆発してしまうよ。」と言われる。
ブログに書くことは出来ないが、一年以上、色んな思いに振り回されてきた。
煮え湯を飲まされ、消化不良の思いは、私の中をどうしようもなく傷つけている。

自分のやりたいこと、やるべきこととして、残りの人生を、母の残した着物地でお細工物や、ミニ着物を作ろうと決めたのに。

パッチワーク通信社が倒産したことも、最近知った。
パッチワークの本も、ここ数年買っていない。
「和布くらふと」だけにしていた。
本もあまり沢山あると、情報過多になって、私のような性格では、何を作りたいのか分からなくなってしまうからだ。
これも、ひとつの区切りかもしれない。
断捨離と、パッチワークの雑誌も、洋書も処分した。
「和布くらふと」とお細工物や、和布を使った本だけを残した。
沢山たまった、「和布くらふと」の本を、しばらくは、ゆっくり眺めていよう。
もう新しい情報はいらない。

今しばらくは、着物や着物のハギレとは、遠ざかっていようと思う。
そのうち、本当の穏やかな心になれたら、針が持てるだろうから。
「焦っちゃダメだよ。いつも母のこと応援しているからね。」次女のラインが救ってくれた。
c0167785_1743220.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2015-06-28 17:07 | つれづれ | Comments(2)

エゴマ

2,3日前に、夜、友達が来た。伊勢へ行ったとお土産を持ってきてくれた。
友達は、健康志向が強くて、体に良いと聞くと、色々試してから、教えてくれる。
TVの健康番組でも、最近エゴマがよく話題になる。
夫も、体に良いと聞くと、すぐ畑に作る。(笑)
ゴーヤ、ヤーコン、菊芋など、こんなに沢山作ってどうする?と言うほどだ。
エゴマはTVで話題になる前から、数年前に水汲みに行って知っていた。
エゴマの五平餅を食べて、ゴマとつくとけど、しそ科の植物だと知っていた。
友達が、夫がエゴマを作っていると知って、苗を欲しがったので、2週間ほど前に届けてあげた。
その時は、飛び上がらんばかりに喜んだ。
友達は、エゴマの実ではなくて、葉を醤油漬けにするそうだ。
「本当に美味しいよ。貰った苗では、まだ沢山取れないから、私一人で、誰にもあげないで、食べている。」と言う。
ひとしきりおしゃべりをして、帰るころに、「エゴマの葉っぱ、良かったら持って行く?」と聞いたら、欲しいと言う。
分かっていたら、昼間のうちに摘んでおいたおいたけど。
「今からでも、欲しいだけちぎる?」
夜の11時近くに、作業場の電気をつけて、作業場の前の畑で、二人して、エゴマの葉をちぎる。

c0167785_21353248.jpg

二人で、何だか怪しい人みたいだねと笑う。
作り方は、ネットで検索してと言うので、クックパッドで検索した。
醤油と、味醂、にんにく、生姜、ごま油で漬ける、韓国風の作り方だ。
青紫蘇の葉より、厚みがあるので、醤油漬けにしても、しっかりしている。
でも、作り方通りにしたけど、甘みが強くて、私はそんなに好きではない。
青紫蘇の塩漬けの方が好きかも。

c0167785_214559.jpg

この2,3日、寒いくらいだったけど、アジサイは色づいてきた。
[PR]
by kikutukuri | 2015-06-07 21:46 | つれづれ | Comments(4)

片付け

4月の末から、思わぬことで翻弄されている。
昨日は、一昨年亡くなった母の遺品整理に行って来た。
母の着物や、手作り品を持ち帰る。
母が編んだレース編みが沢山あった。
元気なころ、よく私のことを、不器用だとけなしていたけど、何だか納得するほど、綺麗に編まれていた。
経年の黄ばみや、シミがついている物もあって、これが他人が整理するのなら、惜しげもなく捨て去ることだろう。
それを持ち帰ったのは、やはり娘だからかな。
漂白剤に漬けて、少しは綺麗にならないかなとやってみた。
黄ばみやシミが取れない物は、紅茶やコーヒーで染めようかなと思う。
でも、私って何やっているんだか・・・・・・
断捨離しようとしていながら、母の断捨離する物を持ち帰るなんて。
これだから、身の周りがすっきりと片付かないのだ。
[PR]
by kikutukuri | 2015-05-02 00:38 | つれづれ | Comments(2)