海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

山下清展

c0167785_1911782.jpg
豊橋の市立美術館で、山下清展をやっているので、夫が病院へ行くのについて行って、見に行く。
孫ちゃんたちにも見せてあげたくて、前売り券は早くに買ってあった。
でも、お互いの都合が合わないので、孫ちゃんたちは、10月の初めの日曜日に行っていた。
ものすごい混みようで、人に流されるようにして、見たので、じっくり見ることはできなかったそうだ。
ウイークデーなら、そんなに混まないだろうと、病院の帰りに出かけたが、美術館に入る信号から、大渋滞。
信号が変わるたびに、1台が進むくらいだった。
これでは、駐車場もないねと、夫と話す。
市役所の駐車場にやっと入れて、公園を歩いて行ったら、混雑の原因は「豊橋祭り」だった。
美術館も人が沢山入っていたが、見たい絵は、ゆっくり見ることが出来た。

小学校の5,6年の担任のT先生が、山下清とゴッホが好きで、よく授業中に絵を見せてくれた。
細かい貼り絵は、子供心に、よく根気が続くなあと思ったものだ。
展示してある絵の最後のころに、「ぼくは生きているうちに絵が売れたけど、ゴッホは死んでから売れたから、つまらないだろうな。」と山下清の言葉のパネルがあって、本当にと思った。
山下清はサヴァン症候群だったそうだ。
その場で写生するのではなく、帰ってきてから書くのだそうで、その記憶力たるや、物凄い。

文章も、句読点やカッコを付けずに書くので、注意されたら、話をするときは、、。とか言わないでしょう、会話だって、いちいち「」と言わないと書いたのもがあって、思わず、なるほどとおかしくなった。

戦争の徴兵が嫌で、放浪の旅に出たけれど、親に連れ戻されて、徴兵検査を受けて不合格になったことも。

私の小学校の担任のT先生は、とても人情味の厚い、生徒から慕われる先生だった。
当時、私は、あまりものを言わない子供だった。
ある時、先生が家に来て、分厚い原稿用紙を渡して、「これに思っていることを書きなさい。」と言った。でも、あまり書かなかったと思う。
先生には一方ならぬ恩がある。
結婚して間もない頃、名古屋で「ゴッホ展」があり、一人で見に行った。
そして、T先生に、「ゴッホ展」を見てきたと、はがきを出した。
私の住所を見て「良いところへ嫁に行ったね。良いお母さんになるんだよ。」とはがきが来た。

それから、20年くらいして、中学校の同窓会で、小学校で同じクラスだった何人かで、T先生を招いてクラス会をしようと言う話になった。
クラス委員だったK君が、訪ねて行ったら、亡くなられていたそうだ。
もっと早く、やればよかったねと、お互いに後悔した。

T先生、山下清展を見てきましたよ。
私もおばぁちゃんになりました。
ゆっくり見られなかった孫ちゃんのために、目録を買ってきました。
本当に素敵なものは、小さい心にも伝わりますよね。
[PR]
Commented by さと at 2016-11-16 23:30 x
しばらくぶりっ!きーくちゃん(^^)/元気?

山下清展見てきたんだ~!
私もだいぶ前に福島にいってみてきたよ~コムコムっていうところで。藤城清治展も一緒だった記憶が?です。

今日のお昼ご飯はおにぎりたべたの。
たくさんご飯を炊いていろいろな具で握って冷凍しておきます。おにぎりがあれば何とかなるものです~笑
Commented by kikutukuri at 2016-11-17 21:55
うわ~、さとちゃんだ~!ヽ(^o^)丿
お帰りなさい。待っていたんだよ。
芸術の秋・・・冬になってしまったね。

おにぎり、大好きよ!
炊き立てご飯に、お塩を少し付けた塩にぎりが好きよ。
私はね、梅干しとおかかに、お醤油を少し入れて、ご飯にまぜまぜして、沢山おにぎりを作っておくよ。
冷凍して、レンジで解凍してから、フライパンで焼きおにぎりにするの。
なんだか、お腹が空いてきちゃった~!(笑)
by kikutukuri | 2016-10-13 22:36 | つれづれ | Comments(2)