エアコンクリーニング

エアコンのフィルターはきれいにしても、中まではきれいに出来ない。
中でカビが生えて、エアコンをつけると、カビが舞い散る・・・・そんな画面を、TVの健康番組で何度か見ていて、気になっていた。
ハウスクリーニングの業者に頼もうと、ネット検索をしたこともあったが、なかなかいいお値段で、踏ん切りがつかなかった。
スプレータイプの洗剤で、自分でも出来るらしいけど、却ってエアコンを痛めてしまうことが多いらしい。
娘にも、「自分でやらないほうがいいよ。」と言われていた。
農業資材の会社で、お得意様限定で格安に、クリーニングしてくれると、チラシが入っていた。
迷わず、電話した。

家を新築した時に付けたエアコンは、もう5年経つ。
考えてみれば、恐ろしい~!
業者さんは、お掃除ロボットがついていると、代金が高くなると言われた。
掃除に時間がかかるそうなのだ。
でも金額を聞いたら、他で頼むよりは、安い。
3台全部頼んだ。
お掃除ロボットなるものは、TVで宣伝するほどの、効果は無いし、ロボットの集めたごみの処理に、夫が取説や、CDを見て、苦労していた。
本当なら、ごく普通のエアコンで良かったのだけど、新築のエコポイントを沢山貰ったので、全て使って、どうせならと買ったものだった。
LDKのエアコンは、最近、ご機嫌が悪くて、止まってしまったり、雑音が煩かったのだ。

バケツに溜まった真っ黒な水を見せて貰って、ぞ~とした。
こんなにも汚れたエアコンの効いている部屋にいたのかと。
ピカピカになったエアコンは、快適に動くようになった。
LDKのエアコンが一番汚れていたそうだ。
対面式のカウンターキッチンにしたため、油は埃を固めてくっついていたそうだ。
揚げ物など、ほとんどしないけど、炒め物でも油は使うから。

「次にエアコンを変える時は、お掃除ロボットがついていないほうが良いですよ。」と言われた。
「いえ、次はもうありませんから。このエアコンを、また2~3年後にお掃除してもらいます。」と笑って答えておいた。
年を重ねたら、はっきり5年後、10年後はわからない。
c0167785_1635948.png

[PR]
by kikutukuri | 2016-07-12 15:30 | つれづれ | Comments(0)