保険

3月で、今までかけていた保険が満期になる、外交さんが来た。
掛け捨てではないので、いくらかお金がもらえる。
さて、これからどうしよう。
夫は、数年前に同じ保険で満期になり、払戻金をそのまま預けて、無審査の生涯保険に入った。
そのお金だけで、後は払わなくていいのだ。
今までの保険よりも、入院給付金も少ないし、色々な保証が全て小さくなるけど、「お守り」だからと、納得している。
私も、それに入ろうと思っていたのだが、手術や入院で4回ももらっているので、入れないそうなのだ。
ポリープを2回取っているのがネックになっている。
さあ~、どうしよう。
この年になったら、持病の一つや二つは大抵の人が持っている。
TVでは、高齢者を対象にしたような、美味しそうな保険のコマーシャルが流れている。
掛け金もそんなに高くなく、5年ごとに使わなかったら、お小遣いが戻ってくるなど。
でも、そんなコマーシャルの下の方には、小さな字でことわりが書かれてある。
目を凝らして読もうとすると、次の画面に。
ほとんど無審査(自己申告)で入れる保険は掛け金は高いけど、保証は小さい。
保険金など貰わないに越したことはないけど。
「大きな掛け金で、死亡保障も大きかったら、殺人事件が起こるよね。私みたいなおばあさんが、事件起こしたじゃない。」と言ったら
外交さんは大笑い。
保険って、みんなどうしているのだろう。
外交さんに聞いたら、私くらいの年代の人は、満期前に(50代くらいの頃)に、もう少し大きな保険にかけ替えている人もあるそうだ。
でも、高齢になって大きな掛け金など。どうやって払うの?
c0167785_2151534.jpg

[PR]
by kikutukuri | 2015-02-25 21:05 | つれづれ | Comments(0)