猛烈に忙しかった~

出荷が始まり・・・2部屋同時になってしまったので、猛烈に忙しかった。
いつもは、出荷作業はパートさんは来てくれないのだけど、あまりの忙しさに2人を2日回してもらったけど、それでも大変だった。
やっと、ひと段落したけど、これから秋の終わりまでは、毎日忙しい日が続く。

こんなこと書くのやめようかな~と思ったけど・・・・・。
連日の大津の中学生のいじめ自殺の報道に、忘れていたことが甦った。
こんな事件があるたびに思うのだけど、どうして記者会見の教育委員や校長先生の顔は、いつも同じ顔をしているのだろう。
他人事のような顔をして、「生徒のことより御身大切」がわかる。

私の娘は、小学生の高学年に登校拒否になった。
朝、登校時間になると青い顔して、お腹が痛いと言いだした。
かかりつけの小児科へ連れて行ったら、先生が、「これは学校の先生とお話をした方が良いですよ。」と言われて・・・・私もかなりうっかりの親だった。
娘と話をした。
学校へ行きたくないと言う。
重い口を開いて、仲良くしているお友達がいじめにあっているのだと言う。
鉛筆や消しゴム、お金を要求されて、親の財布からお金を盗んだことなどを書いた手紙をもらったのだそうだった。
いじめている子達が怖くて、その子を助けてあげることが出来ないと、娘は自分を責めていた。
私は夫と二人で、学校へ行った。
担任の先生に、娘から聞いたことを話した。
呆れるような答えが返って来た。
「いじめは自己申告でないと受け付けない。」とか、
「〇ちゃんは(いじめられている子)は、それを楽しんでいるのではないか。」とか。
挙句の果ては、友達のことでそんなに悩む私の娘はおせっかいだと。
夫も私も腹が立った。
夫が「それでは娘が気の済むまで学校を休ませます。」と言った。
先生は、「休めば休むほど、学校へ出てきにくくなりますよ。学校へは来させて下さい。」

娘と私達親は真剣に向かい合ったと思う。
「私があなたの立場でも同じようになると思う。だから無理して学校へ行かなくても良いよ。
でも自分の人生だから、後から後悔のないようにやけは起こさないでね。勉強なんか、その気なればどこででも出来るから。」
「ただ学校を休んでぼ~としているのではなく、やりたいことがあるのなら、それを徹底的にやれ。本をよんでも良いし。家族にだけは思っていることを言え。そのための協力はしてあげるから。」と夫も言った。
娘は画用紙を沢山買ってほしいと言って、絵を描き続けた。
10日くらい休んで、学校へ行くようになったけど、それでも時々は休んだ。

卒業式の日、担任の先生が、私に謝った。
「私の力が足りませんで。」
私は黙っていた。
心の中で叫んでいた。
「謝るのなら、私ではなくて子供たちにでしょう。
いじめられている子も、いじめている子も、きっと小学校時代の思い出に心に傷がついていると思いますよ。」

すっかり忘れてしまうほど月日も経った。
娘が遭遇した程度のいじめは、日常茶飯事にあるのだろう。
自殺したり、大きな事件にならない限り、ほっかむりして通り過ぎて行くのだろうか。
人の痛みの分かる教育なんて、所詮、絵空事なのだろうか。
[PR]
Commented by さと at 2012-07-20 19:56 x
おお~
当たったわ私の感が!
ほらねえ~まこちゃん早くおいで!菊ちゃんに会えるよ(^_-)-☆

菊ちゃんお仕事お疲れ様!

今日もまた・別のいじめ問題をやってたわ。
校長先生のコメントはまったく責任逃れで聞いててムカムカしてきたよ。

家の子もいろいろあったのよ・・・悩んだわ。泣いたわ。腹が立ったわ。

昔はさ・・ガキ大将がいてみんなでワイワイ遊んでたね。
殴っても殴られても「親」も知らんぷり。子供たちで解決できたよね。

学校で先生にぶん殴られたらそれはあたり前~悪いことしたからだもんね!
どうしてこんな簡単なことが出来なくなっちゃったんだろうね・・・。






Commented by まこ at 2012-07-20 21:12 x
呼んだ~~? は~~い♪
良かった、菊ちゃんは忙しかったのね(^_-)-☆

いじめの問題はやるせない思いですね。
私の子だったら・・私が母親だったら・・
置き換えて思うとき、本当に腹立たしい思いです。

菊ちゃんも大変だったのですね。
お嬢さんはそれを乗り越えて芸術を学び、今はいいお母さんになっているのですね。

大きい問題にならないとどこかに葬られてしまうなんて
変です。
悪いことを悪いと教えなくて何が教育でしょう。
大津の方には申し訳ないけれど
このことで何かいい進展があるといいのにと思います。

*******

菊ちゃんがお仕事にいそしんでいる間にピリ辛きゅうりは食べきっちゃいました(^^ゞ
Commented by at 2012-07-21 22:12 x
さとちゃんへ
ご無沙汰してました。
さとちゃんとまこちゃん、すっかり仲良しになったね~!(*^_^*)

私たちが子供の頃と、子供の質も親や先生達の考え方も変って来たのね。
ガキ大将・・・・なつかしい言葉だよね。
ガキ大将の号令で、みんなでイタズラしたり、楽しかった。
子供のことは子供で解決したし、あまり親が介入することも無かったよね。
中学生のころなんて、授業中に態度の悪い生徒がいると、チョークが飛んできたり、休み時間を過ぎて授業に遅れると、一列に並ばされて頭を叩かれたりした。(笑)
でも、先生も生徒も親も、何の問題にもしなかったし、後から笑って話すくらいだった。
勿論、口の悪い男の子なんかが、悪からかいすることがあったけど、今のいじめとは違うよね。
本当にどうしてこんなになってしまったのかしら。
Commented by at 2012-07-21 22:31 x
まこちゃんへ
今は良くも悪くも、マスコミが取り上げるから・・・・・。
問題提起になって、みんなで良く考えないとね。
立場を置き換えたら、分かることなのに・・・・いじめをする子は、それが出来ないのよね。

登校拒否になったのは、次女なの。
孫ちゃんのママは長女。
次女は、ここへ帰ってくるのは嫌だと言って、大学からずっと東京です。東京の人と結婚してしまったの。

いじめられている子が、先生に自己申告出来るはずがないことくらい分かりそうなものなのにね。
いじめられている子が、どんな思いで学校へ出てくるか、その身になって考えてほしい。
いじめている子だって、どこかで止めて欲しいと思っているよね。
このまま大人になり、親になったら可哀想よね。

Commented by 花咲かおばさん at 2012-07-23 20:53 x
一番頼りにしている教師が、こんなんじゃ情けないよね~。
教師も警察も政治家も、自分を守る事しか考えていなような気がするな。

こういう時のご主人の対応がいつもすごいと思っているのよ。
お嬢さんは、気持ちをちゃんと受け止めてくれた両親の対応は、きっとうれしかったと思うな。

熱血教師なんて言葉は、もう死語になっちゃったのかしら。
by kikutukuri | 2012-07-19 22:57 | つれづれ | Comments(5)