海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

入院生活・・・2

Nさんは元気なおばぁちゃんで、私は入院中は、Nさんのことを「おばさん」と呼んでいた。
お嫁さんが良く気遣いの出来る人で、1日分のパジャマや下着をタオルでくるんで、入院日数分作ってあった。
そして、退屈しのぎのちょっと甘い物に、甘納豆や、クッキーなどを少しずつ何種類も入れてあった。
私とTさんは、「よく気がつくお嫁さんだね。」とほめると、「実家の親を介護したから経験があるからね。」と言ったけど、なかなかそこまで気を配る人はいないよねと話した。
Nおばさんが、家族に大切にされていることがよくわかった。
元気なNおばさんは、それでも病院のお風呂に一人で入るのは怖いと言って、「じゃあ私と一緒に入ろうよ。」と二人で入った。
Tさんもさそったら、「お湯が溢れて無くなってしまうよ。」と笑った。
入院中にしっかりやらなくてはいけないことに、目薬がある。
薬剤師さんが、表を作って薬のふたの色をカラーコピーで、指し間違えの無いようにしてくれた。
私が一番若いから、号令をかけることにして、「右目に赤いふたの目薬」「次は黄色ね。」と言っては指した。
時々間違えるので、「若いから一番しっかりしていると思ったら。」と笑われた。
私はよく病室も間違えて、隣の部屋に入ってしまうことがあった。
慌てて戻ってくるので、「また間違えた。」と笑われた。
Tさんのお見舞いのお客さんは多くて(詩舞の先生をしているのでお弟子さんやお友達がひっきりなしに来ていた。)、そのたびにお見舞いに頂いたお菓子や果物のおすそわけを頂いた。
イチゴ、バナナ、ワッフル、草もち、桜もち、ういろう、ケーキ・・・全て胃の中に入れていたら凄く太ってしまう。
Nおばさんの、〇城市の大正時代や昭和の初期のにぎわいのあったころの話は、とても面白かった。
水を汲みに行くときに通る町なので、親近感が持てた。
林業で材木が売れた頃の話は、今は輸入外材ですたれてしまって、町も活気が無くなって、シャッターの降りている店ばかりだと嘆く。
どこのお店のランチが美味しいとか、最近の色んなことも沢山知っている。
実家の母もこのくらい元気なら良いのにと思った。
[PR]
Commented by さと at 2012-03-16 22:02 x
菊ちゃんこんばんは★
入院生活も明るく過ごせて良い人達との出会いがあって
良かったね!
~うんうん分かるよ。病室まちがえるのって私もしょっちゅうあったもの。ジィジが入院してた時だよ~でも焦りました・・男性病棟だからね(^_-)-☆
目の調子はいかがです?
無理はしてませんか?
目薬点すのって難しいよね・・・私はほとんどがホッペに流れて
しまうのよ(;一_一)ドライアイの目薬を点してるけど・・・
もう何ヶ月もほったらかしです。朝、せっかく綺麗に?お化粧しても
涙目でぐしゃぐしゃになってしまうの。ドライアイって治るのかなぁ・・・
Commented by at 2012-03-27 21:57 x
さとちゃん、返事が遅くなってしまってごめんね。
お彼岸集荷に追われていて、やっと済んだと思ったら、気が緩んだのか風邪を引いてしまい・・・・。

私もドライアイみたいだよ~!
涙がポロポロ出て。
今ね、術後の目薬を毎食後3本指しているのよ。
忘れないように、食前に指して、食事中に指して、食後に指しているの。
これ、術後3カ月は続けるのだって。
だから、花粉症の目薬も、ドライアイの目薬も我慢しているのよ。
これ以上目薬が増えたら、混乱しちゃうもんね。(笑)
by kikutukuri | 2012-03-04 22:21 | 老いと道連れ(終活) | Comments(2)