海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

白内障の手術・・・・1

白内障の手術をして1週間・・・術後の検査に行って来た。
考えてみたら、目が何となく見づらくなって、病院通いを始めたのは、あの「3・11」の頃だった。
それまでも、内科でかかっている総合病院の眼科では、定期的に検査をしてもらっていた。
かすんで見えにくいとか、目に小さなゴミのようなものが見えると訴えても、その眼科医はあまり真剣に聞いてくれなかったし、目薬も処方してくれなかった。
震災のニュースのTVのテロップの字が見えなくなって、これはただ事ではないと、別の眼科医院に行った。
白内障がかなり進んでいるし、目の奥に別の病気があるようだと言われて、とてもショックだった。
総合病院の眼科はそれまで2人の医師がいたが、その頃は一人で週に2日の診察で、もの凄く混んでいた。
予約をして3時間待って、診察は1~2分で、質問しようとすると、次の患者さんが呼ばれて入ってくる状態だった。
忙しいのなら、他の眼科に変わることを言っても良いのにと、情けないのと腹が立った。
個人の開業医の先生は、(そこもとても混んでいたが。)うちでは精密な検査が出来る機械がないからと、病院への紹介状を書いてくれた。
紹介状を貰っては、病院を代わり・・・・待合室では震災のニュースと、こんにちは、ありがとうの歌とウサギやライオンのアニメ、仁科明子さんの子宮がん検診が繰り返し繰り返し流れていた。
そして、今回手術をして頂いた病院に行きついた。
でもどこの病院も、私が初めかかっていた病院とは比べ物にならないほど、親切で丁寧に説明してくれたし、紹介状も取りに来るのは大変だろうからと郵送してくれた。
目の奥の病気は「卵黄様黄班変性症ジストロフィー」と言う病気で、加齢黄班変性症と良く似ているけど、それより下の膜で、今のところ、治療法がないとのことだった。
加齢黄班変性症なら、レーザーで焼いたりして治療が出来るのだそうだけど。
私の病気は進行はしていくけど、急激にではなく、じょじょにだそうだ。
医学書の写真や、眼球の模型で説明してもらった。
私にとって、とても絶望的な宣告であったはずだけど・・・・・。
自分でも驚くほど冷静に、それを受け入れた。
「3・11」が多分に影響していたと思う。
あの津波の映像や、震災の大きさを知るにつけ・・・・・生きると言うことは、何と理不尽なことを受け入れなければいけないのだろうと思った。
自分がこの年になるまで、多少の病気はしても、まあまあ健康で生活してきたのだし、これから先、多少の不便はあっても、なんとか自分のことが自分で出来ればよいではないか。
考えてみれば、子育ても終わり、もう老後である。

白内障の手術は、目の奥の病気を刺激すると怖いので、暫くは、目の奥の病気の経過観察をするということで、毎月検査に通うことになった。
そして進行していないので、白内障を手術することになった。
[PR]
Commented by はなみずき at 2012-03-02 21:49 x
菊さん、手術されたのですか、、、
経過はいかがですか? 
年を重ねると身体って正直ですね、、、
あちこちメンテナンスが必要になってきますね
私も、、、、ずーっと抱えていかなければならない持病が^^;
無理せず上手に付き合っていかないと、、、と思っています。
お大事にしてくださいね。
Commented by 花咲かおばさん at 2012-03-03 23:07 x
あの震災が菊ちゃんを強くしてくれたのでしょうか。

津波で遺家族も家も何もかも流されたり、原発事故で苦しんでいる人達のことを考えたら、私も、自分は比べ物にならないくらい幸せだと思ってしまいます。

人生、いろいろ試練を与えられます。
私も、不安になることもあるけれど、菊ちゃんみたいに冷静に受け止めなければなりませんね。

スッキリ見えるようになって本当に良かったです。


Commented by さと at 2012-03-03 23:53 x
菊ちゃん!
術後の調子はいかがですか?
母も4月に白内障の手術をします。
一週間おいて片方ずつとのことです。

菊ちゃん、自分を大事に絶対無理をしてはだめですよ。
・・それにしても ↑ 眼科医には腹がたつわっ!

お~♪
はなみずきさんお久しぶり! 







Commented by  菊 at 2012-03-04 21:21 x
はなみずきさんへ

ありがとうございます。
私も、一生おつきあいする病気持ちなのですよ。(苦笑)
でも一病息災と言いますから、仲良く付き合って
無理はしないことにしています。
健康を過信しているよりは良いかなと思って。
お互いに、病気と仲良くして、元気に過ごしましょうね~!
Commented by at 2012-03-04 21:34 x
花さんへ

あの震災は、私の人生観も変えてしまったように思います。
そして、家族や家、財産も流されてしまった人達が、立ち上がろうとしているのに、勇気を貰っていますよ。
原発についても、受け入れがたきことですよね。
どこへ向かって拳を振り上げればよいのか、怒りをどこへぶつければよいのか・・・・原発の被害にさらされている人達の心を真剣に受け止めてほしいよね。
それでも人は生きていく。人間って強いなぁと。
私も先のことばかり考えていると、マイナス思考になってしまうので、今を楽しんで生きようと思っています。

目がすっきりしたら、こんなにしわがあった~!って、ショックです。
鏡に映るおばあさん顔・・・これが本当の私なのね。(笑)
Commented by at 2012-03-04 21:43 x
さとちゃんへ

さとちゃんのお母様も手術ですか?
本当に簡単に済むので、あまり心配なさらないようにね。

本当に色んなドクターがいるよね。
私たちの目を手術してくれたドクターは、手術後それぞれのベッドに来て「お疲れさまでした。」と言って下さったのよ。
こちらが先にお礼を言わなくてはいけないのにね。
診察の時も、誰に足してもちゃんとはなしを聞いて、答えて下さるので、待ち時間が結構ながいけど、誰も文句をいいません。
良いお医者様に辿りついたと思っています。

手もね、しわだらけ~!
すっきり見えるって、残酷なことも多いよね。(笑)
by kikutukuri | 2012-02-27 22:23 | 老いと道連れ(終活) | Comments(6)