海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

リサイクルショップ

どうしても捨てられない本と、押し入れの中に溜まっている使いそうもない頂き物を、ブック〇フとリサイクルショップへ持って行った。
最初に市内のリサイクルショップへ。
結婚式の引き出物のティーセット、お盆やシーツ、タオルの詰め合わせ。
もう何年前の物か分からない。
引き取ってもらえなければ、捨てる決断もつく。
デザイナーズブランドのシーツは、箱にしみがついているし、シーツも少し変色しているので、買い取りは出来ないので、処分してくれるそうだ。
4点で470円。
捨てるには惜しいけど、不用品だったのだから、すっきりして、まっ、いいか~!

豊橋のブック〇フまで、夫に車を走らせてもらう。
「ガソリン代にもならないかもね」と言いながら。
ハードカバーの本が40冊位、文庫本が50冊、古典文学全集全27巻揃い、
谷崎潤一郎の源氏物語8巻。
ほとんどの本は捨てたけど、比較的新しくて綺麗な本と全集はとても捨てられなかった。
ブック〇フの店員さんの言うには、ハードカバーの本は余程最新作で話題性のある本でないと売れないのだそうだ。
文庫本も2~3年前くらいのものまでで、それ以上古いと商品にはならないのだと。
結局買い取り対象になった本はほんの数冊で、しめて340円也。
夫が「これで、本の執着心が切れただろう。捨てる踏ん切りがついて良かったじゃないか。」と言う。
持って行った本は、ブック〇フで処分してもらうことにした。
お金は問題ではない、本の命を全うしてやりたいという思いだったけど・・・正直言ってこんなものと気が抜けた。
考えてみれな、今の時代、本を読む若者はあまりいないのだろう。
本屋さんでもコミック本がスペースを占めているし。
電子本なるものがあるから、本屋へ足を運ぶことも少なくなってきているのだろう。
文学全集とか古典文学なんて、化石に近いのかもしれない。
私の本を大切にしてきた思いは、時代のニーズに合わないのだ。

「処分したお金で豪華なランチでもと思ったけど、安い所で一人分のランチ代だけだね。」と言ったら
「買い取った本でも売れる保証はないのだから、十分だよ。」と夫が言う。

ちょっと寂しいけど、すっきりしたのも確かだ。
買い取りして貰えなかった「源氏物語」だけは持ち返った。
でもきっと、もう読まないだろうな。
[PR]
Commented by hana920m at 2011-07-16 23:38
数年前、ブック○フでもリサイクルショップでも、菊ちゃんと同じ思いをしました。
挙句の果てに、気になった本を買ってしまって・・・。(笑)

数年後の今、またもって行く物が溜まりました。
菊ちゃんと同じく、捨てるには忍びなくて・・・。
また骨折り損のくたびれもうけになりそうだけど。(笑)
Commented by at 2011-07-17 22:20 x
花さん、こんばんは~!
捨てるには惜しいけど、不用品って結構あるものですね。
知り合いの40代のお姉さんは、婚礼家具をリサイクルショップに取りに来て貰ったら、処分代30000円を請求されたそうです。
和ダンスにいっぱい入っていた着物はほとんどが、袖を通したことが無い物だったけど、全て合わせて4000円で引き取って行ったそうですよ。
一枚100万円以上の着物もあったのにと。
現代は家具も作りつけになっているし、大きな家具は買い手がないそうです。
オークションなどで、こんな着物がこんなに安くていいの~と思うことがあるけど、そんな事情を聞くと納得だよね。
物が溢れている時代に、物を大切になんて、片付かない原因なんですね。
Commented by さと at 2011-07-18 22:17 x
菊ちゃん捨てたらもうもどってこないんだよね・・・
みんな傍におきたいけどね・・

私はポンポンと捨てるタイプかな?
大したものないんだね~笑 すっきりして快適だよ。
数年前娘を説得?してやっとピアノを引き取ってもらったわ。
三万円いただきましたよ~ヤッタネ!
わたしも娘と一緒に習ってたので思いでもいっぱいあったんだけど。キリがありませんよね~。
あのね前にも言ったかな?家の押入れ開けるとぜーんぶ丸見えだよ。気持ちいいっ!笑
菊ちゃん頑張りすぎて体調崩さないでネ~暑さに負けないでネ
Commented by at 2011-08-31 01:42 x
さとちゃんへ
すっかりご無沙汰しています。
レスが遅くなってごめんなさい。
抱えていた問題も何とか解決して、仕事も暫しの一段落が出来るようになりました。
断捨離・・・・まだまだ続いていますよ~!(笑)
私も、さとちゃんのようにすっきり暮らしたいなぁ。
by kikutukuri | 2011-07-10 17:22 | 老いと道連れ(終活) | Comments(4)