海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

断捨離・・・1

必要に迫られて断捨離をしている。
身の回りの不用品を整理しなくてはいけないと言う思いはあって、昨年から随分片付けてきた。
でも物は増える。
そして、今回の大震災・津波があってから、その意識はストップしてしまっていた。
あまり物を買うことも、欲しいという気持ちも無くなり、在る物を利用して生活しようと思うようになった。
でも、今はそんな呑気なことは言ってられなくて、横屋の解体の必要に迫られて、早急に処分しなくていけなくなった。

同世代のお友達と話しても、私の世代は物を捨てられない世代だと思う。
親世代が、子供時代や青春時代は戦争中、子育ての頃は戦後の物の無い時代を過ごしてきたため、常に「物を粗末にしてはいけない。」と教えられて育ってきたからだ。
そして、私たちの子世代は、物が豊かな時代に育っているので、物に対する執着心が無いように思う。

「勿体ないな~。取っておけばまだ使う機会もあるだろうに。」・・・そんな思いで、ゴミ袋の中に入れたり、リサイクルゴミに出すべく支わけをする。

私が一番捨てられないものは本だ。
読み返すことも無く、本箱や押し入れの段ボールの箱におさまっている本。

その一番が「栄養と料理」の本。
私が高校2年の頃から、結婚するまでの毎月、父が買ってくれたものなのだ。
小学生のころから、毎月、父は学習雑誌を買ってくれた。
高校生になったころから、家業の景気が悪くなり、私は大学進学を諦めた。
高校生の学習雑誌は、大学進学のことばかりだった。
私は「どうせ、大学には行かないから、学習雑誌はもう要らない。」と父に告げた。
今にして思うと、なんと残酷なことを言ったのだろう、父はどんな気持ちでいたのだろうと、申し訳ない思いになる。
「それなら、料理雑誌を買ってやろう。お前もいつかは嫁にいくのだから、料理が上手な方がいいからな・」と言った。
結婚して、暫くしてから、実家に置いてきた「栄養と料理」の本を全て送って来た。
結婚した月の、新しい本が入っているのを見つけた時、涙がポロポロ出た。
自分が大切に育てて貰ったのだと思った。
でも口に出して感謝の言葉を言うことも無かった。
捨てられないけど、これから先も読み返すこともないだろう。
栄養情報だって、40年以上前と今では全く変わってきている。

本を紐でしばりながら、パラパラとページを繰ってみる。
「節約おかず」の特集があったり、「たんぱく質の豊富なおかず」がある。
今の飽食の時代では、カロリーをいかに押えるがテーマの料理が多いのに。
時代の移り変わり、歴史を感じる。

「父さん、ごめんね。でも結構、本は活用したよ。もう処分しても良いよね。」
c0167785_019673.jpg

[PR]
Commented by さと at 2011-07-05 21:39 x
菊ちゃん菊ちゃん!
本、全部処分したの?・・・何冊かは残しておいたの?

私も涙がポロポロでてきました。
この愛情(本を贈る)に感動しました~菊ちゃん幸せ者だよ。

本・・後で後悔しない?
処分はいつでもできるんだから・・・
Commented by hana920m at 2011-07-05 22:35
菊ちゃんのお父様の愛情が伝わって来て、私も泣いてしまいました。

断捨離・・・って思ってもどうしても処分出来ない物があるよね。
菊ちゃんのこの本は、愛情たっぷり注いでもらった事に気づかせてくれたんだもの、充分役目は果たしたと思うわ。
私もシンプルに暮らそうと思って、思い切って断捨離しているけど、これからの自分に必要なものは、処分出来ないでいる。

でも、処分してスッキリしたのもたくさんあるわ。
引き出し、ひとつまで見直しているから、まだまだ時間が掛かりそう。
Commented by はなみずき at 2011-07-08 08:19 x
おはようございます。
断捨離、、、此処に住みかえた10年ちょっと前
思い切って色々処分しました。
本も直ぐに増えて、昨年本棚の整理をして
数百冊の本をブック〇フに持って行きました。
雑誌なども捨てるのに考えるのがあって
必要な部分を切り取り100均でファイルを買ってきて
ファイリングしました。
10年前の断捨離で物は増やさないように暮らして来ましたけど
また少し考えて整理しないといけない年齢になって来たかなと思っています。
Commented by at 2011-07-08 23:08 x
さとちゃんへ
本を整理したら、もうトラックに山積みですよ。
捨てられない性格・・・我ながら困ったものだと。
父から貰った本は、お誕生日にプレゼントしてくれた本を取っておくことにしたのよ。
でもきっと、読む返すことはないと思うけどね。
それと絵本も、カラーボックス2箱分。
これは孫ちゃん達が家に来た時、「ママとママの妹が好きだった本よ。」と読んであげるつもり。
でも男の子だから、興味ないかな。(笑9
Commented by at 2011-07-08 23:15 x
花さんへ
シンプル生活を、私も何年も前から目指しているけど、ダメですね~。(笑)
あっても使わない物、忘れていた物は、本当は必要ない物なんだけど。
毛糸もゴミ袋4敗捨てました。
勿体ないの罪悪感もあったけど、取っておいても、中途半端な残り糸や、編みかけで何年も忘れていたセーターは、すっきり忘れることに。
Commented by at 2011-07-08 23:23 x
はなみずきさんへ
断捨離・・・・物にも心にもきりをつけるには、何かきっかけが必要ですね。
本はブック〇フに電話して、出張引き取りを聞いたら、出張圏外なので、持ってきて来て下さいと言われました。(田舎なのよ。笑)
ハードカバーの本や、文学全集、綺麗な文庫本を車に積んであります。
幾らになるか、お金はどうでもよくて、もう一度本に命を与えてやりたいのです、

断捨離して賢く生きたいです。(笑)
by kikutukuri | 2011-07-05 00:27 | 老いと道連れ(終活) | Comments(6)