海風に吹かれて kikutukuri.exblog.jp

田舎のおばさんの日々の暮らしを綴っています。ハンドルネームは菊です。


by kikutukuri ハンドルネームは菊です
プロフィールを見る
画像一覧

布の片付け

家を建てる計画は、今の住んでいる家を壊す訳ではないので、とりたてて片付けなくても良いのだけど、この際とばかりに、暇を見ては、不要になったものは処分するようにしている。
一番気になっていたのは、本と布。
布だけでも4人分なのだ。
長女と次女が持っていた布、母から押し付けられた布、私が集めた布。
着なくなった服や、使わなくなったバックなどは案外簡単に始末出来るのに、布の片付けは簡単に思いきることが出来ない。
それはまだ形がないから、これから先、どんな風にも加工出来るという期待があるからか・・・・。
一旦は捨てようと、ごみ袋に入れても、「いや、また欲しくなるかも・・・・」と取り出す。
残す以上は使い良いようにと、色別に整理することにしたのだけど、これが大変だった。
例えば地色がピンクでも紫の模様で布全体が紫が占めているのはピンクに入れるか、紫に入れるかと迷う。
でも大体に分けておけば、布探しも今までよりは簡単にいくかも。
買ったまま忘れていた布も、日の目を見るかもしれない。
母から貰った和布は、縮緬と紬に分けて、着物は着られそうな物はタトウに包んで、防虫剤も入れた。
刻んでも惜しくない物は、プラスチックの衣装ケースに入れて、忘れないように「リホーム用」のラベルを張った。
結構日にちと時間をかけて片付けて、やっとこの頃落ち着いてきた。
このまま何も作らなければ、片付いたままだろうけど・・・・・。(笑)
これだけの布、私の残りの人生をかけて、どれだけ使うことが出来るのだろうか。
写真は一部分です。
c0167785_22412597.jpg

やりかけも沢山出てきた。
作っていても、仕事が忙しくなるとしまい込むので、忘れてしまうことが多いのだ。
まだパッチワークを始めたばかりの頃の、20年以上も前の作りかけは、何度もゴミ袋を出たり入ったりした。
まだ、思うようにパッチワーク向きの布が手に入らなくて、私のパジャマや、お友達の子供のブラウスの布も縫い合わせている。
赤と黒なんて、今では作る気にならない。
でも初心を思い出す意味で、これは完成させようと思って、大きくした。
ネット友さんに分けて頂いた布も入っている。
今1メートル四方くらいの大きさだ。
これ以上大きくするとキルトをするのが嫌になりそうなので、これで良しとしよう。
c0167785_22522394.jpg


[PR]
Commented by さと at 2009-09-03 23:35 x
まあ~きちんと整理ができて。
我が家にある「布」といったらハンカチくらいですよ(笑)
Commented by at 2009-09-05 22:39 x
いつまでこの状態が続くか・・・・・(笑)
何も作らなければだけどね。
まだ毛糸も沢山あるのよ。年度の材料も。
家の中を散らかしているのは私です~!
全部捨てたらすっきりするだろうけど、きっとまた買ってきて同じ状態になると思うわ。(;一_一)
Commented by 花咲かおばさん at 2009-09-06 11:48 x
ほんと、きれいに整理出来てる~。
もういらないと思って処分すると、必要になって『あれ捨てなければよかった~!』って後悔するんだよね~。
だから布は、なかなか捨てられない。

菊ちゃんはパッチワーク暦が長いから、布も半端じゃないでしょう?
私など、始めてから日が浅くても、結構始末に終えなくなって来てます。
針を持てなくなるまで処分は出来ないのかも。

赤と黒の思い出のキルト、完成させてね。
Commented by at 2009-09-06 21:51 x
花さんへ
この間、手芸店の店員さんと話したのだけど、洋服を買うのなら考えて迷って買うけど、カットクロスは迷わず買ってしまうよねと。
その店員さんもパッチワークするので、家の中は布であふれているそうです。(笑)
気に行った布は鋏を入れるのが勿体なくて、結局色あせてしまうと。
手作りの好きな人は、みんな同じだ~と思いましたよ。(^_-)-☆

>赤と黒の思い出のキルト、完成させてね。
<20年以上持ち越してきたので、頑張って完成させますね~!
by kikutukuri | 2009-09-03 22:56 | 老いと道連れ(終活) | Comments(4)